特急インプレッション「ローバー75」』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ローバー75サルーン(5AT)【試乗記】 2003.11.22 試乗記 ローバー75サルーン(5AT)
    ……398.0万円

    ラインナップを増やして、日本への再上陸を果たしたローバー&MG。『Car Graphic』誌の長期リポート車として、2年をともにした『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠が、久々にステアリングホイールを握って……。


  • ローバー75シリーズ【海外試乗記】 2004.11.5 試乗記 ローバー75シリーズ

    2003年7月から日本での販売が復活した「ローバー75」シリーズは、英国車の風情が色濃いミドルクラス。フォード製4.6リッターV8で後輪を駆動(!)する「V8」など、ユニークで多彩なラインナップを誇る最新モデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗がイギリスで乗った。


  • ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)【試乗記】 2004.9.4 試乗記 ローバー75サルーン2.5 V6コニサーSE/75ツアラー2.5 V6コニサーSE(5AT/5AT)
    ……498.0万円/520.0万円

    昨2003年の夏から、日本への再上陸を果たしたローバー(&MG)。日本での売れ筋モデル「75サルーン」と「75ツアラー」がフェイスリフトを受けた。『webCG』コンテンツエディターのアオキが報告する。


  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • 似ているようで似ていない? 「ダイハツ・タフト コンセプト」と新型「スズキ・ハスラー」を比較する 2020.1.15 デイリーコラム 軽クロスオーバーのはしりにして、今もなお絶大な人気を誇る「スズキ・ハスラー」が間もなく2代目に進化する。かつて「キャスト」でこれに挑んで見事に返り討ちにあったダイハツは、新型車「タフト」でリベンジを図る。本格デビューを前にこの2台を比較した。
ホームへ戻る