シトロエンC3

2016.06.30 画像・写真

グループPSAは2016年6月29日、新型「シトロエンC3」の概要を発表した。

C3はシトロエンがラインナップするBセグメントのコンパクトモデルであり、2002年の初代登場以来、累計で350万台以上が販売されている。

今回発表された新型のボディーサイズは全長×全幅×全高=3.99×1.75×1.47m、ホイールベース=2.54m。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインが特徴で、ドアパネルにはC4カクタスと同じく、ポリウレタン製のエアクッションである「エアバンパー」を装着できる。

パワーユニットは最高出力が異なる3種類の3気筒ガソリンエンジンと、「BlueHDi」と呼ばれる2種類のディーゼルエンジンが用意されており、トランスミッションにはMTに加えて「EAT6」と呼ばれる最新世代のATも用意される。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ここ日本でも実はひそかに絶好調!
    “C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る
    2018.9.3 デイリーコラム “インポートカー業界のオシャレ担当”ことフランス車の中でも、さらに個性的な存在といえるシトロエン。2017年夏に新型「C3」を導入して以来、実はひそかに絶好調なダブルシェブロンの、日本市場における“次なる一手”を探る。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンの創業100周年記念モデル発売 2019.3.28 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月28日、シトロエンのミニバン「グランドC4スペースツアラー」のパワートレイン改良を発表。また、同車とコンパクトモデル「C3」に、シトロエン創業100周年を記念した特別仕様車「ORIGINS(オリジンズ)」を設定すると発表した。
  • 【上海ショー2019】レクサスブランド初のミニバン「LM」がデビュー 2019.4.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年4月16日、中国で開催中の上海国際モーターショーにおいて、レクサスブランド初のミニバン「LM」を世界初公開した。サルーンの「LS」やクーペの「LC」などに続く、レクサスにとって5番目のフラッグシップモデルとうたわれるモデルである。
ホームへ戻る