必見! イタリアの自動車博物館(その3):トリノ自動車博物館

2019.11.09 画像・写真

トリノ自動車博物館(Il Museo Nazionale dell'Automobile)はイタリア自動車産業の中心地、フィアットのお膝元であるトリノの観光名所。頭文字をとってMAUTO(マウト)と呼ばれる。その歴史は古く、起源は1930年代。設立に貢献したのはフィアット創立メンバーでもあったR.ビスカレッティ・ディ・ルッフィアと息子のカルロ。自動車を文化として後世に残すことに早くから情熱を注いだ親子である。数回にわたって場所を変えつつ、1960年代に、かつてサーキットのあったヴァレンティノ公園の近くに移された。一時期は常設展示に頼ったために閑古鳥が鳴いたが、近年のイタリアでのミュージアムブームに後押しされて2011年、大幅にリニューアル、再オープンとなった。リニューアルにあたってはトリノ市やピエモンテ州、イタリア自動車クラブ、フィアットが財政面で援助、これがレベルアップにつながった。

多くの自動車ミュージアムが存在するこの国にあって、MAUTOの特徴は「自動車の歴史」にフォーカスしたところ。クルマが時代の変化とともにどんなふうに変化し、またどのような形で時代の要請に応えたか、そこをじっくり見せる。ここにトリノという欧州自動車産業を支えた街の誇りを感じる。現在はイベントや自動車本記念パーティーも行われることが多く、トリノ自動車人のミーティングポイントにもなっている。常設展示車両台数はイタリアのみならずフランス、ドイツ、アメリカなど9メーカーの200台あまり、シャシー/エンジンは20ほど、カロッツェリア・マップを展示するのはいかにもお膝元のミュージアムだ。それではMAUTOへレッツゴー!

(文=松本 葉/写真=トリノ自動車博物館)

◆関連記事
必見! イタリアの自動車博物館(その1):アルファ ・ロメオ歴史博物館
必見! イタリアの自動車博物館(その2):FCAヘリテージ ハブ

あなたにおすすめの記事
新着記事