クラシックカー&スーパーカー展示イベント「サンブレフェスタ」の会場から

2021.06.23 画像・写真

2021年6月20日、群馬県太田市の「道の駅 おおた」で「サンブレフェスタ」が開かれた。これは毎月第2日曜に「サンデーブレックファースト」と称してこの道の駅に集まり、ボランティアで清掃を行っているクルマ好きグループによる、クラシックカー&スーパーカーの展示イベントである。場所柄、参加車両は約50台限定だったが、F1史上唯一となる前2軸の6輪マシン「ティレルP34」のレプリカが初公開された。

ティレルP34レプリカを製作したのは、茨城県水戸市でボディーショップ「カスタムビルド&レストアWATAHIKI」を営む綿引雄司さん。2019年から2020年にかけて、トリノ国立自動車博物館やムゼオ・フェルッチオ・ランボルギーニにも展示された、アルミたたき出しの「ランボルギーニ・イオタ」の複製ボディーをつくった方である。タミヤ製1/12プラキットを参考に、モーターサイクル用エンジンを搭載して実走するティレルP34レプリカはまだ製作途上にあるが、コックピットへの乗車は可能。居合わせた来場者が乗り込んでは記念撮影を楽しんでいた。

梅雨の晴れ間に恵まれ、大勢の来場者でにぎわった会場から、ティレルP34レプリカを中心に参加車両を紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事