「Ferrari木製モデラー 山田健二の世界」の会場から

2021.07.06 画像・写真

2021年6月24日~30日、群馬県高崎市の高崎シティーギャラリーで企画展「Ferrari木製モデラー 山田健二の世界」が開かれた。作者の山田さんは御年77歳、長年勤めた百貨店を定年退職した16年前から、バルサ材を主体とするフェラーリのモデルをスクラッチビルドしている、非常にユニークなアマチュアモデラーである。

子どものころから図画工作が好きで、趣味としてプラモデルや木製の帆船模型などを作っていたという山田さん。いっぽうフェラーリとは、スーパーカーブームのときに、勤務していた百貨店で自ら企画したスーパーカーショーで出会った。

定年退職後の人生の過ごし方を考えたとき、思いついたのが大好きなフェラーリのスクラッチビルド。バルサ材を選んだのは、加工に特殊な道具や工具が不要で、材料の入手も容易でコストも安いからという。ただし小さなパーツは作りにくいので、必然的にビッグスケールとなった。処女作は1/8だったが迫力が足りず、1/5にしてみたら大きすぎ、数台作るうちに1/6に落ち着いたそうで、現在までの16年間に35点を製作している。ちなみに初期に手がけた3台は2000年代のF1マシンだったが、それ以後の製作対象はエンツォ・フェラーリ存命時のモデルに限定しているとのこと。

ある程度点数がそろったところで、2008年に最初の個展を開催。6回目となる今回の展示作品は木製モデルが16点、ワイヤモデルが1点、そして自己流というが、こちらも素晴らしい出来栄えの水彩画が約30点。その唯一無二の作品と、明るくサービス精神に富んだ山田さんの人柄に魅せられたファンで連日盛況だった会場から、魂の込められた作品群をご覧いただこう。

(文と写真=沼田 亨)