メルセデスAMG EQS53 4MATIC+

2021.09.06 画像・写真

独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、ハイパフォーマンス電気自動車(EV)「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。同年4月15日に登場したEV「メルセデス・ベンツEQS」をベースとするAMGバージョンで、基本仕様のパワーユニットは最高出力658PS(484kW)、最大トルク950N・mを発生。オプションの「ダイナミックプラスパッケージ」を選択すると、最高出力761PS(560kW)、最大トルク1020N・mにまで増強することができる。AMG初となる量産EVモデルの姿を写真で紹介する。

AMGが手がけたピュアEV「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」発表

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツが新型電気自動車「EQE」を発表 2022年に販売をスタート 2021.9.6 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、ミドルサイズの新型電気自動車(EV)「メルセデス・ベンツEQE」を発表した。ボディーサイズは、先に登場したEV「EQS」よりもひとまわり小さい設定になっている。
  • AMGが手がけたピュアEV「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」発表 2021.9.6 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、高性能電気自動車「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。オプションの「ダイナミックプラスパッケージ」装着車は、最高出力761PS(560kW)、最大トルク1020N・mを発生する。
  • メルセデス・ベンツEQE 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、ミドルサイズの新型電気自動車「メルセデス・ベンツEQE」を発表した。容量90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、WLTPモードで最大660kmの航続距離を誇るEQEの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.11 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、他のモデルとは趣を異にする伸びやかなスタイリングが目を引く「アルテオン」。ブランドの旗艦を担う5ドアクーペは、マイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか。上質な仕様の「エレガンス」で確かめた。
  • ジャガーFタイプR クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.6 試乗記 ジャガーのフラッグシップスポーツ「FタイプR クーペ」に試乗。まずはハンサムなフロントマスクに目を奪われるが、575PSにパワーアップした5リッターV8エンジンや熟成されたシャシーの完成度は、そのルックス以上に注目すべきものだった。
ホームへ戻る