「PTクルーザー・カブリオリミテッド」、右ハンドルに

2007.07.19 自動車ニュース

「PTクルーザー・カブリオリミテッド」、右ハンドルに

ダイムラー・クライスラー日本は、PTクルーザーのオープン版「クライスラーPTクルーザー・カブリオリミテッド」の2007年モデルを、2007年7月21日に発売する。

2004年7月の日本発売から3年が経ち、「カブリオリミテッド」07年モデルのハンドル位置は左から右になった。

昨年は06年モデルが販売されなかったものの、その間、セダンボディの「PTクルーザー」がマイナーチェンジ。あわせてカブリオのデザインも手直しを受けた。

フロント&リアのパンバー形状を変更し、フォグランプを丸型のものに。ヘッドランプは下側が波打つデザインになった。
また、グリル上部のエンブレム「クライスラーウィング」も大型化した。
インテリアは、新デザインのインストゥルメントパネルを採用。大径3連メーターパネル、回転式のエアコン吹き出し口、ロゴ入りアナログ時計が備わる。
143psと21.8kgmを発生する直4エンジンなど、機関面での変更はない。

価格は2005年モデルより13万6500円アップの、347万5500円。
ただし、新車登録時から3年/6万kmの車両保証、3年/距離無制限のアシスタンスサービス「24h FOR YOU」、さらに、Chrysler&Jeep「メンテナンスフォーユー」のベースパッケージが、無料で適用されるようになった。

(webCG 関)

「PTクルーザー・カブリオリミテッド」。写真の「ブライトシルバー」を含め、4色のボディカラーでラインナップする。
「PTクルーザー・カブリオリミテッド」。写真の「ブライトシルバー」を含め、4色のボディカラーでラインナップする。

関連キーワード:
PTクルーザー カブリオ, PTクルーザー, クライスラー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【試乗記】 2005.1.24 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)
    ……540万7500円

    クライスラーとメルセデスの合作オープン2シーター「クロスファイアロードスター」。「メルセデスベンツSLK」が新世代となる中、先代「SLK」のコンポーネンツを使ったこのクルマの走りはどうなのか? webCG本諏訪裕幸が乗った。


  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
  • クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】 2003.4.16 試乗記 クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)

    ドイツはカルマン社で製造されるジャーマンアメリカンたる「クライスラー・クロスファイア」。「メルセデスベンツSLK」のコンポーネンツを活用した2シータークーペに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


  • マセラティが新型スーパースポーツ「MC20」の新たなイメージ画像を公開 2020.5.14 自動車ニュース 伊マセラティは2020年5月13日(現地時間)、同年9月に発表を予定している新型スーパースポーツ「MC20」の新たなイメージを公開した。写真では、マセラティの歴史的なレーシングカーの姿も見られる。
ホームへ戻る