三菱「ekスポーツ」に特別仕様車「サウンドビートエディション」

2007.06.20 自動車ニュース

三菱「ekスポーツ」に特別仕様車「サウンドビートエディション」

三菱自動車は、軽乗用車「ekスポーツ」に、特別仕様車「サウンドビートエディション」を設定し、2007年6月19日に発売した。

「サウンドビートエディション」は、メーカーオプションで設定される「ハイグレードサウンドシステム(6ポジション、8スピーカー搭載/4万2000円)」を全グレードに標準装備したお買い得モデル。
さらに、三菱マルチエンターテインメントシステム(MMES/18万3750円)、または専用の2DIN AM/FMラジオ付CD/MDプレーヤー(4万7250円)のどちらかをセット装備として選べる。

ボディカラーは、専用のライトブルーメタリックを含む全7色。
価格は、2DINオーディオセット車(FF/4WD)は、ベース車比6万8250円高で、132万8250円から155万2950円。
MMESセット車(FF/4WD)は、ベース車比19万4250円で、145万4250円から167万8950円。

(webCG ワタナベ)

 
三菱「ekスポーツ」に特別仕様車「サウンドビートエディション」の画像

関連キーワード:
eKスポーツ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
ホームへ戻る