「ホンダ・バモス」に“低いの”と“わんこ用”を追加

2007.02.01 自動車ニュース

「ホンダ・バモス」に“低いの”と“わんこ用”を追加

本田技研工業は、軽乗用車「バモス」「バモスホビオ」をマイナーチェンジしたと2007年2月1日に発表。翌日から発売する。

バモスは、ワイドな「エアロフォルムバンパー」を全タイプで採用した。

ローダウンサスペンションやブラックカラー内装などの専用装備をもつ「L・ローダウン」「Lターボ・ローダウン」を追加設定。価格はそれぞれベースモデルよりも3万1500円増し。
・「L・ローダウン」:134万4000円〜153万3000円
・「Lターボ・ローダウン」:152万2500円〜164万8500円

加えて、バモス L/Lターボ特別仕様車「トラベルドッグ バージョン」をカタログに載せた。
「撥水&消臭シート」「抗菌&防臭フロアカーペット」「ペットシートマット」などを装備。「愛犬を連れて楽しく快適にドライブしていただくために、汚れにくく、掃除がしやすい衛生的な装備を充実させた」という。
2008年1月31日までの期間限定販売で、こちらはベース比7万3500円アップの、138万6000円から157万5000円までとなっている。

ハイルーフ仕様のバモスホビオには、「撥水&消臭シート」「撥水ドアライニング」が与えられた。

「バモス」「バモスホビオ」シリーズ全体で、価格は117万3900円から169万500円まで。月間計画販売台数は3000台となっている。

(webCG 関)

「トラベルドッグ バージョン」に備わる「ペットマットシート」
「トラベルドッグ バージョン」に備わる「ペットマットシート」
バモスL・ローダウン
バモスL・ローダウン
「ローダウン」仕様のブラックカラー内装
「ローダウン」仕様のブラックカラー内装

関連キーワード:
バモス, バモスホビオ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ バモス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る