メルセデスの最上級クーペ「CLクラス」一新

2006.11.27 自動車ニュース

メルセデスの最上級クーペ「CLクラス」一新

ダイムラー・クライスラー日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツの最上級クーペ「CLクラス」を、2006年11月27日に発売した。

■5.5リッターのV8とV12ツインターボ

本国では6月に最新型へと進化した高級2ドア・パーソナルクーペ「CLクラス」が上陸した。

近年のメルセデス調デザインに衣替えしたボディは大型化の道を辿り、先代から全長で75mm、全幅で15mm、全高で20mm拡大、5075×1870×1420mm。ホイールベースは70mm延長され、2955mmとなった。
またトランク容量も40リッタープラスとなり、使い勝手も上がっているようである。

エンジンは、既に「Sクラス」「Eクラス」で採用済みの5.5リッターV8(387ps、54.0kgm)を「CL550」に与えた。トランスミッションはマニュアル(M)モード付き7段AT「7G-TRONIC Sport」を組み合わせる。

上級「CL600」の心臓は、5.5リッターV12にツインターボを装着したユニットで、517ps、84.6kgmというアウトプットを誇る。こちらのギアは5段AT。同じくMモードに加え、スポーティな「S」、通常走行に適した「C」モードを備える。

サスペンションは、両グレードともに電子制御式油圧サスペンション「ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)」進化版で、形式は前4リンク、後マルチリンクを採用した。

安全装備は、電動シートベルトテンショナーなどで構成する「プレセーフ」、ドライバーがアクセルペダルから急に足を離すと急ブレーキの前兆と判断し、ブレーキディスクとパッドの間隔を狭めて、すばやく最大の制動力をもたらす「アダプティブブレーキ」、夜間走行時に赤外線映像で進行方向の障害物を早期に発見できる「ナイトビューアシスト」などを用意した。

高級車ゆえの贅沢、インテリアには、セミアニリンレザーシートやウッドパネル、アルミやクロームをあしらったスイッチ類やトリミングなどが配される。

さらに8インチ高精細ワイドディスプレイのメーターパネル、HDDナビやオーディオ、リアビューカメラなどの機能操作をアームレスト前部のダイヤル式コントローラーに集約した「COMANDシステム」などを採用した。

価格は、「CL550」が1520.0万円、「CL600」は1970.0万円。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

メルセデスの最上級クーペ「CLクラス」一新の画像

関連キーワード:
CLクラス, メルセデス・ベンツ, -->, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る