高級・高性能アウディ「RS 4」「S8」が足りません!

2006.08.02 自動車ニュース

高級・高性能アウディ「RS 4」「S8」が足りません!

アウディ・ジャパンは、2006年6月28日に発表したアウディのスポーツモデル「RS 4/RS 4アバント」と、フラッグシップ「A8」の上級版「S8」が、1ヶ月で年度の販売予定台数を完売したと発表した。ドイツのアウディ本社に増産を要請しているという。

420psの4.2リッターV8 FSIエンジン+6段MTを搭載したハイパフォーマンスモデル「RS 4/RS 4アバント」の受注台数は、年内販売予定の100台をオーバーし、増産を要請中。さらに5.2リッターV10 FSI搭載のトップモデル「S8」も50台を超え、30台の追加が決まったという。

いずれも台数は少ないが、何しろ1000万円前後の高額モデルばかり。アウディ・ジャパンは、「プレミアムセグメントにおけるハイパフォーマンスモデルの好調な販売状況は、現在の消費動向の特徴である『二極化』を顕著に示すものである」と分析する。

(webCG 有吉)

アウディ:
http://www.audi.co.jp/

 
高級・高性能アウディ「RS 4」「S8」が足りません!の画像

【写真上】「RS 4」
【写真下】「S8」
 

	【写真上】「RS 4」
	【写真下】「S8」
	 

関連キーワード:
RS 4, RS 4アバント, A8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • 第33回:BMW 3シリーズ(前編) 2019.5.15 カーデザイナー明照寺彰の直言 世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
ホームへ戻る