アウディ、高性能モデル「RS 4」「S6」「S8」導入

2006.06.28 自動車ニュース

アウディ、高性能モデル「RS 4」「S6」「S8」導入

アウディ・ジャパンは、アウディのハイパフォーマンスモデルラインとして「RS 4」「S6」「S8」を発売することを、2006年6月28日に発表した。

アウディのノーマルモデルラインが「A」ならば、「S」「RS」はその上に位置する高級・高性能なモデル群をさす。
前後トルク配分を40:60としスポーティな味付けとしたフルタイム4WD「クワトロ」、ルマン24時間で実績があるガソリン直噴エンジン「FSI」などを投入したSモデルが、この夏海を渡ってくる。

■「RS 4」「RS 4アバント」

日本におけるアウディ車販売の40%以上(2005年)を占めるという「A4」。既に発売されている上級「S4」をさらに上回るハイパフォーマンスを発揮するのが「RS 4」「RS 4アバント」だ。
420ps、43.9kgmを発生する4.2リッターV8 FSIエンジンと6段MTの組み合わせ。サスペンションには上級「RS 6」から「DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)」を移植。ロールやピッチングなど不快な挙動の低減を図る。

発表と同時に発売。価格は、セダンが990.0万円、ワゴンのアバントは1008.0万円。年内に100台を販売したいとしている。

■「S6」「S6アバント」

最上級「S8」にも搭載される新開発5.2リッターV10エンジンが核となる「S6」。傘下のランボルギーニ「ガヤルド」用V10エンジンの技術にFSIを投入、最高出力435ps、最大トルク55.1kgmを搾り出す心臓とした。
ティプトロニックの6段ATを介し、40:60のクワトロ4WDを駆動する。足まわりにはS6専用設定スポーツサスペンションがあてがわれる。

価格は、セダンが1245.0万円、アバントは1271.0万円。同日受注をスタート、デリバリーは10月に予定される。

■「S8」

トップモデル「S8」も、「S6」同様に新しい5.2リッターV10 FSIエンジンとなるが、さらに高性能化されている。最高出力は15psアップし450ps、最大トルクは55.1kgm。ティプトロニック付き6段オートマチックとクワトロを、独自の軽量な「ASF(アウディ・スペース・フレーム)コンセプトによるアルミボディに載せる。

また、ストッピングパワーを強化したい向きには、オプションの「セラミックブレーキ」も用意される。

価格は、1460.0万円。S6と同じく、受注が始まっており、10月納車・登録というスケジュールが組まれている。

(webCG 有吉)

アウディ:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディ、高性能モデル「RS 4」「S6」「S8」導入の画像

「S6」
 

	「S6」
	 

「S8」
 

	「S8」
	 

関連キーワード:
RS 4, RS 4アバント, S6, S6アバント, S8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • 第33回:BMW 3シリーズ(前編) 2019.5.15 カーデザイナー明照寺彰の直言 世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
ホームへ戻る