アウディ、高性能モデル「RS 4」「S6」「S8」導入

2006.06.28 自動車ニュース

アウディ、高性能モデル「RS 4」「S6」「S8」導入

アウディ・ジャパンは、アウディのハイパフォーマンスモデルラインとして「RS 4」「S6」「S8」を発売することを、2006年6月28日に発表した。

アウディのノーマルモデルラインが「A」ならば、「S」「RS」はその上に位置する高級・高性能なモデル群をさす。
前後トルク配分を40:60としスポーティな味付けとしたフルタイム4WD「クワトロ」、ルマン24時間で実績があるガソリン直噴エンジン「FSI」などを投入したSモデルが、この夏海を渡ってくる。

■「RS 4」「RS 4アバント」

日本におけるアウディ車販売の40%以上(2005年)を占めるという「A4」。既に発売されている上級「S4」をさらに上回るハイパフォーマンスを発揮するのが「RS 4」「RS 4アバント」だ。
420ps、43.9kgmを発生する4.2リッターV8 FSIエンジンと6段MTの組み合わせ。サスペンションには上級「RS 6」から「DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)」を移植。ロールやピッチングなど不快な挙動の低減を図る。

発表と同時に発売。価格は、セダンが990.0万円、ワゴンのアバントは1008.0万円。年内に100台を販売したいとしている。

■「S6」「S6アバント」

最上級「S8」にも搭載される新開発5.2リッターV10エンジンが核となる「S6」。傘下のランボルギーニ「ガヤルド」用V10エンジンの技術にFSIを投入、最高出力435ps、最大トルク55.1kgmを搾り出す心臓とした。
ティプトロニックの6段ATを介し、40:60のクワトロ4WDを駆動する。足まわりにはS6専用設定スポーツサスペンションがあてがわれる。

価格は、セダンが1245.0万円、アバントは1271.0万円。同日受注をスタート、デリバリーは10月に予定される。

■「S8」

トップモデル「S8」も、「S6」同様に新しい5.2リッターV10 FSIエンジンとなるが、さらに高性能化されている。最高出力は15psアップし450ps、最大トルクは55.1kgm。ティプトロニック付き6段オートマチックとクワトロを、独自の軽量な「ASF(アウディ・スペース・フレーム)コンセプトによるアルミボディに載せる。

また、ストッピングパワーを強化したい向きには、オプションの「セラミックブレーキ」も用意される。

価格は、1460.0万円。S6と同じく、受注が始まっており、10月納車・登録というスケジュールが組まれている。

(webCG 有吉)

アウディ:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディ、高性能モデル「RS 4」「S6」「S8」導入の画像

「S6」
 

	「S6」
	 

「S8」
 

	「S8」
	 

関連キーワード:
RS 4, RS 4アバント, S6, S6アバント, S8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.9.13 試乗記 2018年から始まった、日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルモデル拡大戦略。いよいよ本命ともいうべき「ゴルフ」が上陸した。すでにモデル末期ともうわさされている現行型ゴルフ。手を出すべきか、それとも待つべきか……!?
ホームへ戻る