ダイハツ版「bB」発売、名前は「COO(クー)」、“マッタリモード”は……

2006.05.08 自動車ニュース

ダイハツ版「bB」発売、名前は「COO(クー)」、“マッタリモード”は……

ダイハツ工業は、新しい小型乗用車「COO(クー)」を、2006年5月8日に発売した。ダイハツで生産される「トヨタbB」の兄弟車にあたる。

■軽からの移行客も

「ダイハツ・クー」は、2005年12月に発売された「クルマ型Music Player」こと「トヨタbB」と基本的に同じ内容のモデルだ。フロントマスクが若干変えられたものの、あの奇抜なデザイン、各所のイルミネーションはbBのそれ。ただし、フロントシートが沈んでくつろげる“マッタリモード”はなく、ターゲット層も若い家族やミセス、軽からの移行客らとなる。

3月のジュネーブショーで「D-Compact Wagon」として展示されていることからもわかるとおり、欧州市場への輸出も計画されている。

全長×全幅×全高=3800×1690×1635mm、ホイールベース=2540mmと、bBより15mm長いだけ。エンジンはbBと同じで、1.3リッター「K3-VE型」ユニット(92ps、12.5kgm)と1.5リッター「3SZ-VE型」(109ps、14.4kgm)の2本、トランスミッションは4段ATだ。FFに加え、1.3リッターには4WDも設定される。

価格は、136万5000円から187万3200円まで。国内月販目標台数は1000台という。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「クー」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/coo/

ダイハツ版「bB」発売、名前は「COO(クー)」、“マッタリモード”は……の画像



ダイハツ版「bB」発売、名前は「COO(クー)」、“マッタリモード”は……の画像



ダイハツ版「bB」発売、名前は「COO(クー)」、“マッタリモード”は……の画像



ダイハツ版「bB」発売、名前は「COO(クー)」、“マッタリモード”は……の画像

関連キーワード:
クー, ダイハツ, bB, 自動車ニュース

ダイハツ クー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る