シトロエン「C3」フェイスリフト、「C2」にはスポーツモデル「VTS」

2006.03.09 自動車ニュース

シトロエン「C3」フェイスリフト、「C2」にはスポーツモデル「VTS」

シトロエン・ジャポンは、シトロエンのコンパクトカー「C3」のフェイスリフト版や、さらに小さい「C2」のスポーツモデル「C2 VTS」などを、2006年3月1日に発売した。

C3においては、フロントマスクなどのフェイスリフトにあわせて、エンジン&トランスミッションとラインナップを変更した。

1.4リッターユニットは、75psのSOHCから90psのDOHCにチェンジ。変速機は4段ATから5段セミオートマ「センソドライブ」となり、「1.4」(194.0万円)として設定された。
1.6リッターエンジン(110ps)は変わらないが、トランスミッションがセンソドライブから4段ATに。「1.6」(211.0万円)と上級「1.6エクスクルーシブ」(224.0万円)を用意する。

C2には内装変更が施されたが、トピックはホットハッチを標榜する「C2 1.6 VTS」の登場だ。

「1.6 VTR」の1.6リッターエンジンを、バルブタイミング変更、新しいエキゾーストシステムなどの採用により15psパワーアップさせ、125ps/6500rpm、14.6kgm/3750rpmというアウトプットとし、5段MTを組み合わせた。

さらに前後足まわりのスプリングのバネレートを変え、ステアリング設定をクイックにするなどした。
1.4リッターモデル「1.4 VTR」は195.0万円、1.6リッター「1.6 VTR」は215.0万円、そして「1.6 VTS」が230.0万円となる。

(webCG 有吉)


シトロエン・ジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

シトロエン「C3」フェイスリフト、「C2」にはスポーツモデル「VTS」の画像

「C2 VTS」

「C2 VTS」

関連キーワード:
C3, C2, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
ホームへ戻る