「シトロエン・クサラ ピカソ」合計で6000万円ぶん値下げ

2005.08.31 自動車ニュース

「シトロエン・クサラ ピカソ」合計で6000万円ぶん値下げ

シトロエン・ジャポンは、“モノスペース・セダン”を謳うピープルムーバー「クサラ ピカソ」を、2005年9月1日から11月30日まで、60万円値下げした239万円で販売する。100台の限定販売。

今回の特別値下げは、ピカソの世界累計販売台数100万台突破を記念して行われるもの。
ピカソは1999年12月に欧州デビュー。当初はマニュアルトランスミッションのみだったが、ATの追加やフェイスリフトを経て、2004年6月から日本に導入された。

(webCGオオサワ)

シトロエン・ジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

「シトロエン・クサラ ピカソ」合計で6000万円ぶん値下げの画像

関連キーワード:
クサラピカソ, シトロエン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る