「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディション

2005.07.21 自動車ニュース

「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディション

2005年7月19日、ランボルギーニはV型10気筒を積むベイビーランボ「ガヤルド」に、ツートーンデザインを与えたスペシャルエディション「ガヤルドSE(Special Edition)」を発表した。250台限定で生産される。

ガヤルドSEは、ツートーンデザインが特徴のスペシャルモデル。ルーフやエンジンボンネット、前後スポイラーとサイドミラーを黒で塗装した。ボディカラーは白、イエロー、オレンジとグリーンの4色が用意されるという。リム付近で二股に分岐する5本スポークホイール「Callisto」も新しい。インテリアも外装と同じくツートーンの専用内装である。

ノーマルのガヤルドより1〜5速のギア比を低めたことで、0-100km/h加速が0.2秒速い4秒フラット、最高速度は16km/h増しの315km/hに達する。足まわりにはスポーツサスペンションを装着するなど、SEならではのチューンが施された。4WDや、6MTとシーケンシャル「eギア」が用意されるところは同じ。

9月ごろに登場するというガヤルドSE。欧州での価格は、14万1500ユーロ(約1940万円)になる予定だ。

(webCGオオサワ)

ランボルギーニ:
http://www.lamborghini.co.jp/

「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディションの画像



「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディションの画像



「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディションの画像



「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディションの画像

関連キーワード:
ガヤルド, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • マクラーレン600LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2019.8.8 試乗記 全方位的な改良によって走りを追求したマクラーレンの高性能モデル「600LT」に、電動ハードトップを持つ「スパイダー」が登場。“硬”と“軟”、2つのキャラクターを併せ持つ最新モデルに試乗し、完璧を求めるマクラーレンの哲学に触れた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
ホームへ戻る