ランボルギーニ、50周年記念限定車を日本初披露

2013.07.17 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」 拡大

ランボルギーニ、2台の50周年記念限定車を日本初披露

ランボルギーニ・ジャパンは2013年7月17日、アウトモビリ・ランボルギーニの創立50周年を記念したモデル「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」と「アヴェンタドールLP720-4ロードスター 50°アニヴェルサリオ」を発表した。

「ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」
「ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」 拡大
「ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」
「ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」 拡大
「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」とランボルギーニ・ジャパン代表のエジナルド・ベルトリ氏(写真左)。
「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」とランボルギーニ・ジャパン代表のエジナルド・ベルトリ氏(写真左)。 拡大
発表会場には、ボディーカラー「グレー・チタン」の「アヴェンタドールLP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」が展示されていた。
発表会場には、ボディーカラー「グレー・チタン」の「アヴェンタドールLP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」が展示されていた。 拡大
「アヴェンタドールLP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」
「アヴェンタドールLP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」 拡大
「アヴェンタドール LP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」に与えられる、50周年のロゴとシリアルナンバーが刻まれた、フォージド・コンポジット製のバッジ。
「アヴェンタドール LP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」に与えられる、50周年のロゴとシリアルナンバーが刻まれた、フォージド・コンポジット製のバッジ。 拡大

 「ガヤルドLP560-2 50°アニヴェルサリオ」は後輪駆動方式を採用。「走る喜びを追求した、よりエモーショナルで深い満足を得られるセッティング」が施されているという。
オリジナルモデルよりも10ps高い560psと、55.1kgmを発生する5.2リッターV10エンジンを搭載。トランスミッションは6段MTで、オプションとしてセミオートマの「e-gear」が選択できる。

エクステリアでは、光を強く反射する「グリッター効果」を特に強化した白色のボディーカラー「ビアンコ・オパリス」を採用。カーボンファイバー製のハイリアウイングや、透明なエンジンフード、ダークグレーのスコルピウス19インチアルミホイールなどを装備する。

インテリアはブラック基調の仕立てで、シート、ダッシュボード、ルーフライニングなどの各所にアルカンターラを使用。カーボンファイバー製バケットシートのシートセンターやルーフライニングにはホワイトのステッチが施される。
また、同社が特許を持つカーボンファイバー素材「フォージド・コンポジット」製の50周年エンブレムが装着される。

価格は2291万6250円。世界限定台数は90台以下と発表されている。

「アヴェンタドールLP720-4 ロードスター 50°アニヴェルサリオ」は、オリジナルモデルより20ps高い720psと70.4kgmを発生する6.5リッターV12エンジンを搭載。7段の2ペダル式トランスミッション「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」が組み合わされ、4輪を駆動する。

エクステリアは、フロントとリアのデザインを一新。フロントのエアインテークとエアロダイナミック・スプリッターが拡大され、両サイドにはフラップが設けられた。
リアエンドは、拡大されたディフューザーと大型メッシュの採用により、エンジンコンパートメントの換気性能が向上。これらの変更により、空力効率はベースモデルより50%以上向上したという。
ボディーカラーには、このモデルでのみ入手可能な限定カラー「ジャロ・マッジョ(5月の黄色)」も設定される

インテリアでは、50周年記念モデル専用に開発された天然のセミアニリン皮革を採用。ランボルギーニの故郷であるイタリアのエミリア・ロマーニャ州にヒントを得たという、「ネロ・アデ」(ブラック)と「テラ・エミリア」(ブラウン)のカラーでコーディネートされる内装色のほか、「ジャロ・クエルクス」というカラーも選択できる。

価格は5598万8100円。世界限定台数は100台で、50周年を記念する「フォージド・コンポジット」製エンブレムには、シリアルナンバーが刻まれる。

(文と写真=工藤考浩)

関連キーワード:
ガヤルド, アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
ホームへ戻る