「406」の後継「プジョー407」、セダンとSW同時発売

2005.05.12 自動車ニュース

「406」の後継「プジョー407」、セダンとSW同時発売

プジョー・ジャポンは、プジョーのミディアムクラスサルーン「407」とそのワゴン版たる「407SW」を、2005年5月12日に発表、6月11日に発売する。

■約9年ぶりに一新

プジョーのラインナップ中、すっかり古株となった「406」が、新しい「407」へとバトンを譲った。406のデビューが1995年、日本上陸は1996年だから、およそ9年ぶりの一新となる。

端正な佇まいの406に対し、407は“大口エアインテイク”&“キリリとしたフロントランプ”による個性的なフェイスを持つ。
2003年フランクフルトショーで披露された「ELIXIR(エリクシール)」にまで遡るデザインは、「Felinite(猫科の野獣のようなフォルム)」がコンセプト。ピニンファリーナとの協力によるエクステリアを纏う。

ボディサイズはひとまわり大きくなり、セダンは全長×全幅×全高=4685(+85)×1840(+60)×1460(+30)mm、ホイールベース=2725(+25)mm、ブレーク改め「SW」は、4775(+35)×1840(+60)×1510(+10)mmというディメンションとなる(カッコ内は先代比)。SWはリアオーバーハングがセダンより90mm長く、ワゴンとしての使い方に配慮する。

■3リッターと2.2リッター

日本仕様のパワーユニットは、406と「607」に搭載される3リッターV6の発展型(210ps/6000rpm、29.6kgm/3750rpm)と、2.2リッター直4(157ps/5650rpm、22.1kgm/3900rpm)の2種類。V6にアイシン製の6段オートマチックが採用されたことはトピックだろう。直4にはZF製4段ATが与えられる。

前ダブルウィッシュボーン、後マルチリンクのサスペンションも技術的ハイライトとされ、フロントは通常一体となっているハブキャリアを、ハブと、それをサポートする部分に分割した「ドロップリンク付き」。リアは406の進化版で、スプリングとダンパーを寝かせて配置し、荷室への張り出しを抑えたという。双方とも快適な乗り心地と高い車両安定性を担うと謳われる。

欧州衝突安全評価「EuroNCAP」で最高の5つ星を獲得した安全性も新型のセリングポイント。エアバッグは前席はもちろん、カーテンエアバッグ、前後サイドエアバッグ、ドライバーの足を保護するステアリングコラムエアバッグと計9つを用意する。

■最大1654リッターの荷室&パノラミックルーフ――SW

「206」「307」に次いで設定される407のSWの自慢は、お馴染み、フロントガラスエンドから後席頭上までを覆う、面積1.6平方メートルのガラス天井「パノラミックルーフ」。電動ブラインドで完全にカバーでき、採光の具合を9段階で調整できるという。

リアハッチのガラスは独立して開閉でき、荷物の出し入れに便利。リモコンか、リアワイパー付け根部分にあるスイッチで操作できる。

ラゲッジスペースは、5人乗車時で702リッター、2:1分割可倒のリアシートを畳むとフラットなフロアがつくりだせ、容量は最大1654リッターまで広がる。

セダンとSW双方に4つのバリエーションを用意、価格はセダンが360万円から430万円まで、SWは380万円から450万円まで。

BMWの新型「3シリーズセダン」(370万円〜595万2381円)、「アウディA4(セダン&アバント」(388万円〜613万円)、「メルセデスベンツCクラス(セダン&ワゴン)」(399万円〜987万円)、「ボルボS40/V50」(354万円〜509万円)といった、ドイツ車を中心としたライバルたちに戦いを挑む。
2005年の販売目標は、2000台という。

(webCG 有吉)

「406」の後継「プジョー407」、セダンとSW同時発売の画像

「プジョー407」

「プジョー407」

「プジョー407SW」

「プジョー407SW」

SWのリアハッチのウィンドウは独立して開閉可能。

SWのリアハッチのウィンドウは独立して開閉可能。

エンジンは3リッターV6と2.2リッター直4の2本立て。

エンジンは3リッターV6と2.2リッター直4の2本立て。



「406」の後継「プジョー407」、セダンとSW同時発売の画像

関連キーワード:
407セダン, 407SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 407セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)/508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • 「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売 2020.10.16 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年10月16日、プジョーブランドのフラッグシップサルーン「508」およびそのステーションワゴン版である「508SW」に特別仕様車「プレミアムレザーエディション」を設定し、販売を開始した。
  • プジョー508 GTライン(後編) 2019.6.6 谷口信輝の新車試乗 「迷っている友達がいたら薦めたい!」 第一級のプロにそこまで言わせる、新型「プジョー508」の長所とは? 一方の“気になるところ”と合わせて、レーシングドライバー谷口信輝の試乗インプレッションをお届けする。
ホームへ戻る