1台で5種類のボディ形状「シトロエン C3プルリエル」発売

2005.04.05 自動車ニュース

1台で5種類のボディ形状「シトロエン C3プルリエル」発売

シトロエン・ジャポンは、1台で様々なボディ形状を実現したコンパクトハッチ「C3プルリエル」を、2005年3月31日に発表した。販売開始は4月8日から。1.6リッターモデルの2ペダル5MT「センソドライブ」仕様のみの設定で、価格は279万円。

■「ソフトトップ」と「サイドアーチ」

フランス語で“複数”を意味する名前をもつ「C3プルリエル」は、その名の通り、1台で様々なボディ形状を実現したコンパクトハッチ。2002年のパリサロンで発表され、03年のジュネーブモーターショーでは、「カブリオレ・オブ・ザ・イヤー」を獲得したモデルだ。

5つのボディ形状を実現するのは、電動式ソフトトップと、取り外し式のルーフライン「サイドアーチ」の組み合わせ。電動式ソフトトップがクローズド状態で「サルーン」、途中まで開ければ「パノラミックルーフ」、完全オープンにすると「カブリオレ」になる。

ここまでなら、普通のクルマでも似たようなモデルはあるが、プルリエルはここからがユニークだ。フロントスクリーン上端から後ろのサイドアーチを取り外すと、完全オープンの「スパイダー」に変身。さらに、後席をフォールディングして荷室と繋げれば、1008リッターの荷室容量をもつ「スパイダーピックアップ」となる。サイドアーチはアルミ製で、片方が約12kg。クルマに積載することはできないため、雨の心配が多い日本では使う場面も限られるとはいえ、楽しい魅力に溢れた1台といえそうだ。

■一回り大きい

名称にC3を持つプルリエルのボディサイズは、C3より一回り大きく、全長×全幅×全高=3935(+85)×1710(+40)×1560(+20)mm(カッコ内はC3との比較)。ホイールベースは変わらず、車重がC3の1.6リッターモデルと較べて120kg重い。丸いルーフラインにC3の面影を残すが、ドア枚数は2枚となり、ヘッドライトやリアコンビネーションランプなどは専用品を用いている。インテリアはシート&シート表皮、ドアトリムがオリジナルで、プルリエル独自のデザインとした。

モノグレードのためか、装備品は充実。オートエアコン、6スピーカー&CDプレーヤー付きオーディオ、オートワイパーやフォグランプなど、快適装備はほとんど揃う。安全装備は、フロント&サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトなどを装備する。

ボディカラーは10色を用意。ルージュアルダン(赤)やベールレンツ(ライトグリーン)など明るい色が多いのはフランス車らしいところ。
価格は279万円と、C3(1.6エクスクルーシブ)より59万円高い。

(webCGオオサワ)

シトロエン:
http://www.citroen.co.jp/

1台で5種類のボディ形状「シトロエン C3プルリエル」発売の画像

ボディカラーは全10色(うち6色は特別発注)。インテリアはシートカラーが「アプキュラ/トラモンタン」、トリムが「トラモンタン/グレー」の組み合わせ。オプションのレザーシート(12万6000円)は「ブラウン/トラモンタン」、トリムカラーは上下ともトラモンタンとなる。

ボディカラーは全10色(うち6色は特別発注)。インテリアはシートカラーが「アプキュラ/トラモンタン」、トリムが「トラモンタン/グレー」の組み合わせ。オプションのレザーシート(12万6000円)は「ブラウン/トラモンタン」、トリムカラーは上下ともトラモンタンとなる。



1台で5種類のボディ形状「シトロエン C3プルリエル」発売の画像

パワートレインは「C3」の1.6リッターモデルと同じ、1.6リッター直4(110ps)に、2ペダル5MT「センソドライブ」が組み合わされる。

パワートレインは「C3」の1.6リッターモデルと同じ、1.6リッター直4(110ps)に、2ペダル5MT「センソドライブ」が組み合わされる。

関連キーワード:
C3プルリエル, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン C3プルリエル(2ペダル5MT)【試乗速報】 2005.4.26 試乗記 シトロエン C3プルリエル(2ペダル5MT)
    ……291万6000円

    1台で5種類のボディに変身するシトロエンのコンパクトハッチ「C3 プルリエル」が日本に導入された。あいにく大雨の試乗となった『webCG』は、まだ見ぬオープンドライブに……。


  • 【Movie】変幻自在の「シトロエンC3プルリエル」、変身の模様を動画で見る 2005.4.29 自動車ニュース フランス語で“複数”を意味する言葉を名前につかった「シトロエンC3プルリエル」。1台で5種類のボディ形態になる、というユニークなキャラの持ち主だが、その変幻自在ぶりは文字で伝えきれない……ということで、動画で。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツCLA180(FF/7AT)【試乗記】 2013.11.14 試乗記 欧州はもちろん、日本市場に対しても積極的にニューモデルを投入し、攻勢をかけるメルセデス・ベンツ。続々と登場するニューフェイスの中から、今回は従来とは異なる顧客層の獲得を担うFFセダン「CLAクラス」に試乗した。
  • MINIクーパーS(6MT)【ブリーフテスト】 2002.6.6 試乗記 ……267.0万円
    総合評価……★★★




ホームへ戻る