有望視される日本市場で、「ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー」発表

2005.03.15 自動車ニュース

有望視される日本市場で、「ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー」発表

2005年のジュネーブショーで発表されたばかりの、「ベントレー・コンチネンタルGT」の4ドアバージョン「コンチネンタル・フライングスパー」が、2005年3月11日に日本でもお披露目された。

■乗りたい人は、お早めに

ジュネーブショー・リポートでも取り上げた「ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー(Bentley Continental Flying Spur)」(記事はこちら)が、ワールドプレミアからわずか10日を経て、日本で発表された。
販売を手がけるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドの一ノ瀬常務によれば、今回の発表は「世界に先駆けて」行われたもの。ベントレーが日本市場を有望視していることがうかがえる。

「昨日決定」したという価格は、2ドア版「コンチネンタルGT」のわずか55.5万円高、2145.0万円と、けっして高くない(?)。デリバリーは、もっとも早くて2005年10月中になるという。

日本におけるベントレーの販売は絶好調。2005年の販売台数は300台に達する勢いだという。メジャーブランドに比べれば“たった300台”でも、ベントレー級の高級ブランドにとってはさにあらず。フォルクスワーゲングループ傘下に入る前の時代と同じ土俵で比較することはできないが、1991年の年間販売台数はたった33台だった。

ベントレーの販売台数を飛躍的に伸ばした立役者は、もちろん「コンチネンタルGT」。東京では、珍しい存在とは思えないくらい、頻繁に目にするようになった。
ロールスロイス&ベントレー時代とは異なり、VWがつくりあげた強固なシャシー、パワフルで信頼性のあるパワートレインと4WDシステムによって、高いパフォーマンスを誇るクーペは、2004年に世界で6000台を販売。さらにバックオーダーを抱えているという。

人気モデルの4ドアバージョンにもオーダー殺到。コーンズによれば、1ヶ月前に開始した仮受注が順調で、今年10月の納車分は予約済みとか。
「2006年半ばまでに納車を望まれる方は、今すぐにでもご注文を……」(一ノ瀬氏)とのこと。最高速度312km/h、0-100km/h加速を5.2秒でこなす、スーパーサルーンに早く乗りたい方は、即断を迫られている!?

(webCGオオサワ)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:
http://www.cornesmotor.com/

ベントレー:
http://www.bentleymotors.com/

 
有望視される日本市場で、「ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー」発表の画像

こちらは、2ドアの「コンチネンタルGT」
 

	こちらは、2ドアの「コンチネンタルGT」
	 

4ドアバージョン「コンチネンタル・フライングスパー」。ホイールベースはクーペより30cm以上長い3065mm。フロントマスクなどはそっくりでも、リアフェンダーの張り出しがアグレッシヴなGTと比べて、フライングスパーは落ち着いたサルーンの風格がある。
 

	4ドアバージョン「コンチネンタル・フライングスパー」。ホイールベースはクーペより30cm以上長い3065mm。フロントマスクなどはそっくりでも、リアフェンダーの張り出しがアグレッシヴなGTと比べて、フライングスパーは落ち着いたサルーンの風格がある。
	 

延ばされたホイールベースは、後席居住性に捧げられた。ちなみにモデルは、『NAVI』の高平高輝編集長。
 

	延ばされたホイールベースは、後席居住性に捧げられた。ちなみにモデルは、『NAVI』の高平高輝編集長。
	 

容量475リッターのラゲッジスペース。ちなみに、「メルセデスベンツSクラス」は462リッターとさほど違わないが、見た目にはベントレーの方が大きく感じられた。
 

	容量475リッターのラゲッジスペース。ちなみに、「メルセデスベンツSクラス」は462リッターとさほど違わないが、見た目にはベントレーの方が大きく感じられた。
	 

ベントレー・モーターズ・ジャパンのティム・マッキンレー代表
 

	ベントレー・モーターズ・ジャパンのティム・マッキンレー代表
	 


 
有望視される日本市場で、「ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー」発表の画像

関連キーワード:
コンチネンタルフライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
ホームへ戻る