「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

2004.12.22 自動車ニュース

「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

三菱自動車は、軽自動車「eKワゴン」とその派生ラインナップ「eKスポーツ」「eKクラッシィ」「eKアクティブ」を一部改良。特別仕様車とともに2004年12月20日に発売した。

「eK」シリーズとして、内外装の質感向上や機能装備の充実などが行われたが、一番のトピックは、3/4段のATだけだった「eKワゴン」のトランスミッションに5段マニュアルが加わったこと。
バリエーションを広げるとともに、省燃費化が図られ、10・15モードで21.5km/リッター(2WD。4WDは19.8km/リッター)を実現。いずれも平成22年度燃費基準の+5%をクリアした。
加えて、2WD車で平成17年排出ガス規制75%低減レベル、4WD車では同50%低減レベルを達成し、グリーン税制に適合させた。

一方、特別仕様車「リミテッドエディション」は、「eKスポーツ」「eKアクティブ」に設定。2DINサイズのCD/MDオーディオを標準装着するなどした内容だ。

価格は、eKワゴンが90万3000円から119万9100円まで、eKスポーツは126万円から148万4700円まで、「eKクラッシィ」は119万4900円(2WD)と131万4600円(4WD)、eKアクティブは117万6000円から154万7700円まで。

(webCG 有吉)

三菱自動車「eKシリーズ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek/

 
「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加の画像

関連キーワード:
eKワゴン, eKスポーツ, eKアクティブ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
ホームへ戻る