「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

2004.12.22 自動車ニュース

「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

三菱自動車は、軽自動車「eKワゴン」とその派生ラインナップ「eKスポーツ」「eKクラッシィ」「eKアクティブ」を一部改良。特別仕様車とともに2004年12月20日に発売した。

「eK」シリーズとして、内外装の質感向上や機能装備の充実などが行われたが、一番のトピックは、3/4段のATだけだった「eKワゴン」のトランスミッションに5段マニュアルが加わったこと。
バリエーションを広げるとともに、省燃費化が図られ、10・15モードで21.5km/リッター(2WD。4WDは19.8km/リッター)を実現。いずれも平成22年度燃費基準の+5%をクリアした。
加えて、2WD車で平成17年排出ガス規制75%低減レベル、4WD車では同50%低減レベルを達成し、グリーン税制に適合させた。

一方、特別仕様車「リミテッドエディション」は、「eKスポーツ」「eKアクティブ」に設定。2DINサイズのCD/MDオーディオを標準装着するなどした内容だ。

価格は、eKワゴンが90万3000円から119万9100円まで、eKスポーツは126万円から148万4700円まで、「eKクラッシィ」は119万4900円(2WD)と131万4600円(4WD)、eKアクティブは117万6000円から154万7700円まで。

(webCG 有吉)

三菱自動車「eKシリーズ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek/

 
「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加の画像

関連キーワード:
eKワゴン, eKスポーツ, eKアクティブ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
ホームへ戻る