オペル「メリーバ」「シグナム」05年モデル発売

2004.10.29 自動車ニュース

オペル「メリーバ」「シグナム」05年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペルの小型ミニバン「メリーバ」と、「ベクトラ」ベースの上級ワゴン「シグナム」の2005年モデルを、2004年11月6日に発売する。

■上級「メリーバ1.6 Sport」加わる

2004年2月に日本デビューした「ヴィータ」ベースの小さなミニバン「メリーバ」。05モデルのトピックは、スポーティグレードたる「1.6 Sport」の追加だ。

エンジンは既存「1.6」と同じ1.6リッター直4(100ps、15.3kgm)ながら、車両安定に寄与するとされる「ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)」が与えられた仕様。加えて、本革巻きステアリングホイール、16インチアルミホイール、フロントフォグランプなどを装備し、上級化を図った。
また両グレードで、6連奏CDチェンジャーとオーディオリモートコントロールを標準装備とした。

価格は、1.6が229.0万円、1.6 Sportは245.0万円となる。

■内容の充実、「シグナム」

「ベクトラ」シリーズのトップ「シグナム」では、外装変更や装備追加が行われた。
ダークヘッドランプやリアランプレンズ、クロームフロントグリルなどでエクステリアをリフレッシュ。さらに「2.2」「3.2」ともに6連奏CDチェンジャーを標準で与えた。

加えて3.2では、走行状況に応じてサスペンションセッティングの最適化を行う「CDC(コンティニュアス・ダンピング・コントロール)」と、スポーツモード付きの電子制御システム「IDS(インタラクティブ・ドライビング・システム)」を標準搭載とした。

グレードは前年モデル同様、「2.2」(2.2リッター直4/385.0万円)と「3.2」(3.2リッターV6/450.0万円)となる。

(webCG 有吉)

オペル:
http://www.opel.co.jp/

 
オペル「メリーバ」「シグナム」05年モデル発売の画像

「シグナム3.2」
 

	「シグナム3.2」
	 

関連キーワード:
メリーバ, シグナム, オペル, 自動車ニュース

オペル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・メリーバ(2ペダル5MT)【試乗記】 2004.3.3 試乗記 オペル・メリーバ(2ペダル5MT)
    ……232.0万円

    ミニバン人気の日本市場に、オペルが期待をかけて投入するコンパクトミニバン「メリーバ」。神奈川県で開かれたプレス向け試乗会で、『webCG』オオサワが乗った。


  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • マツダが「デミオ」「ベリーサ」を対象に後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売 2020.7.6 自動車ニュース マツダは2020年7月6日、「デミオ」および「ベリーサ」を対象とした、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付け安全装置の販売を開始した。満65歳以上のユーザーが同装置を購入・取り付ける場合「サポカー補助金」制度の対象となる。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
ホームへ戻る