スズキのSUV「エスクード」「グランドエスクード」に特別仕様車

2004.05.24 自動車ニュース

スズキのSUV「エスクード」「グランドエスクード」に特別仕様車

スズキは、SUV「エスクード」「グランドエスクード」に特別仕様車を設定、2004年5月20日に発売した。

特別仕様車「エスクードS-エディション」は、専用デザインの前後バンパーやフォグランプ、クリアテールランプなどの外装に加え、車内に木目調パネル、本革巻きステアリングホイールなどを与えたモデル。前席シートヒーターや、ヒーテッドドアミラーも備わる。

一方、「グランドエスクードL-エディション」は、本革シート表皮と人工皮革のドアトリム表皮を内装に採用したものだ。

さらにどちらの車両にも、ウインカー連動LEDランプが付いたドアミラーカバーや専用デザインアルミホイール、ロゴ入り専用スペアタイヤハウジングなどが特別装備される。

価格は、エスクードS-エディション(4WD/5AT)がベース車より12万8100円高い262万5000円、グランドエスクードL-エディション(4WD/4AT)はプラス14万9100円で210万円。

(webCG 本諏訪)

スズキ「エスクード」「グランドエスクード」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/

 
スズキのSUV「エスクード」「グランドエスクード」に特別仕様車の画像

【写真上】エスクードS-エディション
【写真下】グランドエスクードL-エディション
 

	【写真上】エスクードS-エディション
	【写真下】グランドエスクードL-エディション
	 

関連キーワード:
エスクード, グランドエスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • これは現代の「ファミリア」か!?
    「CX-30」に見るマツダのねらいとは?
    2019.9.27 デイリーコラム マツダが新たなクロスオーバー「CX-30」の国内販売をスタートした。既存モデルとのすみ分けが微妙に思えるこのニューモデル。同社はどんなねらいで、何を目指して開発したのだろうか? その存在意義を、筆者はこう見る。
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.4.10 試乗記 「ホンダ・ヴェゼル」にパワフルなターボエンジン搭載モデル「ツーリング」が追加された。自然吸気エンジンを搭載したスポーティーグレードが「RS」と名乗る中、どちらかといえば優雅な風情を持つグレード名を採用したことには、どのような事情があるのだろうか。
ホームへ戻る