アストンマーチン「DB9ヴォランテ」をデトロイトで発表

2003.11.28 自動車ニュース

アストンマーチン「DB9 ヴォランテ」をデトロイトで発表

英アストンマーチンは、2004年1月4日から開催されるデトロイトモーターショーで、次期主力モデル「DB9」のオープン「ヴォランテ」を発表する。

「DB9ヴォランテ」は、同社が「DB9クーペ」(http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013884.html)で量産モデルに初採用した、「VHプラットフォーム」を使うコンバーチブル。電動式ソフトトップは約17秒で開閉し、オープン時はトノカバーで覆われる。リリースは2004年秋の予定だ。
エンジンは、6リッターV12をフロントに搭載。0-100km/hを5秒未満、最高速度は300km/hを超えるパフォーマンスを誇る。

(webCGオオサワ)

アストンマーチン:
http://www.astonmartin.com/

 
アストンマーチン「DB9ヴォランテ」をデトロイトで発表の画像


 
アストンマーチン「DB9ヴォランテ」をデトロイトで発表の画像

関連キーワード:
DB9ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン DB9ヴォランテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る