「アストンマーティンDB9」に“最後の”限定モデル

2016.06.16 自動車ニュース
「アストンマーティンDB9 Last of 9
「アストンマーティンDB9 Last of 9」 拡大

アストンマーティン・ジャパンは2016年6月16日、「DB9」の最終モデル「Last of 9」を発表した。

■13年にわたるモデルライフの締めくくりを飾る一台

今回発表されたLast of 9は、DB9の生産終了に伴って設定された最終モデルであり、「クーペ」と「ヴォランテ」がそれぞれ9台ずつ、計18台が生産される。日本へ導入されるのはクーペが3台のみとなる。価格は3319万7000円。

特徴はアストンマーティンのビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた内外装にあり、「Qヘリテージ・カンバーランド・グレイ」で塗装されたボディーには、フロントとリアにマザーオブパール製のインレイウイングを、フェンダーにはブラック塗装の「Last of 9」バッジを採用。6リッターV12エンジンにも「Q by Aston Martin」のプレートが装着されている。

一方、インテリアにはサンドストーム・ゴールドレザーの装飾ピンストライプを備えた、セミアニリン・ビターチョコレート・カラーの本革シートを装備。ヘッドライニングにはカシミヤを、インストゥルメントパネルのセンタークラスターは「フィドルバック」と呼ばれるウッドパネルを用いており、ビレットアルミニウム製のロータリースイッチには、機械加工による飾り模様を施している。

このほかにも、購入者には生産プロセスを記録した「Q by Aston Martinブック」を贈呈するほか、アストンマーティン・オーナーズ・クラブへの登録を公式に実施。これによってクルマの出自が明らかになるとともに、コレクターズ・アイテムとしての価値も高められるという。さらに購入者は、アストンマーティン本社を訪れ、クルマの生産工程を見学することもできる。

(webCG)
 

関連キーワード:
DB9, DB9ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン DB9 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
ホームへ戻る