アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表

2016.05.31 自動車ニュース
「アストンマーティンDB11」
「アストンマーティンDB11」 拡大

アストンマーティン・ジャパンは2016年5月30日、日本で販売する各ラインナップの、2017年モデルの概要を発表した。

「V8ヴァンテージS」
「V8ヴァンテージS」 拡大
「ラピードS」
「ラピードS」 拡大
「ヴァンキッシュ ヴォランテ」
「ヴァンキッシュ ヴォランテ」 拡大

日本で2017年モデルが用意されるのは「V8ヴァンテージS」と「V12ヴァンテージS」のクーペおよびロードスター、「DB9 GT」のヴォランテ、「ヴァンキッシュ」のクーペとヴォランテ、「ラピードS」、「DB11」のクーペとなっている。

ラインナップにおける大きな変更点は、「V8ヴァンテージ」の販売車種が高性能モデルであるV8ヴァンテージSに統合されたことで、同時にV8ヴァンテージSには内外装のディテールを変更する小改良が施された。また「DB9」シリーズについても、後継モデル「DB11」のデビューに伴い、ラインナップが縮小されている。

装備関連では、全ラインナップに「AMi III」と呼ばれる新しいインフォテインメントシステムが採用された。同システムはスマートフォンの機能を車載のインターフェイスで操作できる「Apple CarPlay」に対応している。

各モデルの価格は以下の通り。

・V8ヴァンテージSクーペ(MT):1660万7168円
・V8ヴァンテージSクーペ(AT):1717万9568円
・V8ヴァンテージSロードスター(MT):1811万9168円
・V8ヴァンテージSロードスター(AT):1869万1568円
・V12ヴァンテージSクーペ(AT):2347万4200円※
・V12ヴァンテージSロードスター(AT):2498万6200円
・DB9 GTヴォランテ(AT):2520万円
・DB11クーペ(AT):2380万円
・DB11クーペ ローンチエディション(AT):2591万5720円
・ラピードS(AT):2445万円
・ヴァンキッシュ クーペ(AT):3335万円
・ヴァンキッシュ ヴォランテ(AT):3568万2800円

※無償オプションでMT仕様の設定もあり。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, DB9, DB11, V12ヴァンテージ, V8ヴァンテージ, DB9ヴォランテ, V8ヴァンテージ ロードスター, ラピードS, ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンが「ヴァンテージF1エディション」発表 最高出力535PSの高性能モデル 2021.3.23 自動車ニュース アストンマーティンが「ヴァンテージF1エディション」を発表した。アストンのF1復帰を記念して設定されたヴァンテージの高性能モデルで、F1のセーフティーカー開発から技術をフィードバック。エンジン出力向上に加え、シャシーや空力パーツにも改良を施している。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
ホームへ戻る