「WiLLサイファ」、G-BOOKの性能がアップ

2003.08.04 自動車ニュース

「WiLLサイファ」、G-BOOKの性能がアップ

トヨタ自動車は、コンパクトカー「WiLLサイファ」を一部改良し、2003年8月1日に発売した。トヨタが推す情報ネットワーク「G-BOOK」の機能向上などが主な内容。

「WiLLサイファ」は、「G-BOOK」を他車に先駆けて採用したモデルとして、2002年10月にデビュー。今回、“トヨタ情報戦略の要”がバージョンアップされた。

ナビゲーションシステムのスクロールスピード高速化や、探索時間の短縮などに加え、新サービスを追加。車両マイクで声の録音ができる「VOICEメモ機能」や、ダウンロードしたカラオケ楽曲の保存(「SDカード」)、サブウィンドウのキャラクター変更などが行えるようになった。
さらに新色「DAIDAI(ダイダイ)」を含む7色展開としたのも新しい。

価格は、「より魅力を高めたうえで、車両価格およびG-BOOKのサービス料金は据え置きとしている」(プレスリリース)。車両本体は、126.0万円(1.3リッター、FF/4AT)と148.0万円(1.5リッター、4WD/4AT)。

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「WiLLサイファ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/willcypha/

 
「WiLLサイファ」、G-BOOKの性能がアップの画像

関連キーワード:
WiLLサイファ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ WiLLサイファ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編) 2021.5.20 谷口信輝の新車試乗 2020年9月の発売以来、クルマ好きの視線を集めてきた「トヨタGRヤリス」。その走りにおいて、真に評価すべきポイントとは何か? あまたの高性能モデルを知るレーシングドライバー谷口信輝は、こう考える。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
ホームへ戻る