スズキ「グランドエスクード」一部改良

2003.06.20 自動車ニュース

スズキ「グランドエスクード」一部改良

スズキは、7人乗りヨンク「グランドエスクード」を一部改良するとともに、ひとまわり小さい「エスクード」に特別仕様車を設定、2003年6月18日に発売した。

■各性能アップ

「エスクード」をストレッチしたクロスカントリーモデル「グランドエスクード」では、燃費、排ガス浄化、出力の各性能アップが図られた。

従来、リッターあたり8.8kmだった燃費(10・15モード)は、9.4kmに向上。同時に「超-低排出ガス車」認定を受けた。
一方で、2.7リッターV6エンジンは7psアップして184ps/6000rpmに。トランスミッションはいままでより1段多い5段ATとなり、「一層余裕ある滑らかな走りが楽しめる」(プレスリリース)ようになった。

さらに、パートタイム4WDの切り替えスイッチが、シフトレバー横のレバー式から、インパネのスイッチ式に変更。2WD/4WD切り替えがワンタッチ操作で手軽に行えるようになったという。また2列目シートにウォークイン機構を取り入れ、3列目シートへの乗り込みを容易にするなどした。

価格は、237.8万円。

■お馴染みのタイアップカー

グランドエスクードよりひとまわり小さな5人乗り「エスクード」。今回設定された「ヘリー・ハンセン・リミテッド」は、アウトドアブランド「ヘリー・ハンセン」とのタイアップで生まれた、同車お馴染みの特別仕様車である。

フロントのグリル/バンパー、ヘッドランプカバー、フォグランプなどの専用部品でスポーティにお化粧。スペアタイヤのカバーも専用とした。
加えて、CD/MDプレーヤー(CDチェンジャー付き)、革巻きのステアリングホイール/シフトノブ/トランスファーノブなどを付与。シート表皮は撥水加工の施されたファブリック。フロントトレーマット、ラゲッジマットなど、アウトドアライフに便利な専用品を装備した。

2リッター+4段ATモデルのみ。価格はベース車の17.0万円高、202.8万円。

(webCG 有吉)

スズキ「グランドエスクード/エスクード」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/

 
スズキ「グランドエスクード」一部改良の画像

特別仕様車「エスクード・ヘリー・ハンセン・リミテッド」
 

	特別仕様車「エスクード・ヘリー・ハンセン・リミテッド」
	 

関連キーワード:
グランドエスクード, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • 1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場 2020.3.12 自動車ニュース 1980年代に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の限定車をイメージ。トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」に、特別仕立ての内外装や足まわりを特徴とする「86 GT“ブラックリミテッド”」が設定された。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
ホームへ戻る