【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その4)

2003.01.07 自動車ニュース

【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その4)

一見ミニバンのアバンギャルドなクーペ、ルノー「アヴァンタイム」のプレス向け試乗会の模様を、動画でお送りする最終回。前回に引き続き、ルノージャポン商品広報担当の、ブレン・フレデリックさんにお話を伺った。

アヴァンタイムで一番苦労した点はなんですか? の質問に、フレデリックさんは「シートです」と即答。アヴァンタイムはBピラーが無いために、シートベルトをシートに直接取りつける手法を採用したが、衝突安全性を考えると非常に難しかったという。

【シート1脚ン十万円!?】

(撮影 =カネヨシ/編集=武政)

 
【Movie】ルノー「アヴァンタイム」試乗会より(その4)の画像

ルノー商品広報担当のブレン・フレデリックさん。
 

	ルノー商品広報担当のブレン・フレデリックさん。
	 

Bピラーレスのアヴァンタイムは、シートベルトがシートに取り付けられる。
 

	Bピラーレスのアヴァンタイムは、シートベルトがシートに取り付けられる。
	 

関連キーワード:
アヴァンタイム, ルノー, 自動車ニュース

ルノー アヴァンタイム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.12.5 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    「ミニバン」にして「クーペ」であり「カブリオレ」でもある(と謳われる)ルノーの新型車「アヴァンタイム」。この“新種のクルマ”を解釈しようとしてサジを投げてしまった『webCG』記者の短評、を引き継ぐカタチで、昔からのフランス車ファンたるwebCGエグゼクティブディレクターが、アヴァンタイムについて記述する。


  • 「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場 2020.2.13 自動車ニュース BMWジャパンは2020年2月13日、「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」をうたう限定車「MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション」を日本に導入すると発表した。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • ダイハツ・ロッキーG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.27 試乗記 2019年11月の誕生以来、好調なセールスを記録するコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」。人気の秘訣(ひけつ)を探るべく、AセグメントではSUVでも珍しいフルタイム4WD車に試乗。“市場のスキマ”に投入されたニューモデルは、ダイハツらしい、生活に寄りそう良作だった。
ホームへ戻る