マツダ・キャロル/キャロルエコの燃費が向上

2013.03.12 自動車ニュース

「マツダ・キャロル/キャロルエコ」の燃費が向上

マツダは、軽乗用車「キャロルエコ」「キャロル」の仕様を変更し、2013年3月12日に発売した。

「キャロルエコ」には、新たに減速エネルギーの回生技術「エネチャージ」が採用された。さらに、「アイドリングストップシステム」のエンジン停止開始速度が9km/hから13km/hへと変更されるなど、燃費の向上が図られた。JC08モードの燃費値は、FF車で33.0km/リッター、新たに設定された4WD車で30.4km/リッターを記録する。
アイドリングストップ中のエアコンオフ時に、蓄冷材を用いた冷風により車内温度を下げる「エコクール」が搭載されたのも新しい。

内外装についても、フロントグリルの一部やドアハンドルの色をシルバーとし、インテリアをベージュ基調のものから、ライトグレーとブラウンを組み合わせた新たな色調にするなどの変更が実施された。

「キャロル」のCVT車も、CVTなどの改良により燃費性能がアップした(JC08モードで24.0km/リッター)。

価格は、「キャロルエコ」が「ECO-L」(FF/CVT)の91万500円から「ECO-X」(4WD/CVT)の114万2000円まで。「キャロル」が「GS」(FF/5MT)の89万9850円から「GS」(FF/CVT)の96万750円まで。

(webCG)

「キャロルエコECO-X」
「キャロルエコECO-X」 拡大
「キャロルGS」
「キャロルGS」 拡大

関連キーワード:
キャロル, マツダ, 自動車ニュース

マツダ キャロル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • 「マツダAZ-ワゴン」に快適装備を追加した特別仕様車 2009.6.8 自動車ニュース マツダは、軽自動車「AZ-ワゴン」に特別仕様車「XSスペシャル」を設定し、2009年6月5日に発売した。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ より生活に寄り添うクルマに進化 2019.7.18 自動車ニュース ホンダの軽ハイトワゴン「N-WGN」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、現行型「N-BOX」などと同じ新世代プラットフォームをベースに開発されており、荷室を大幅に低床化するなどして実用性を向上。充実した運転支援システムも特長となっている。
ホームへ戻る