マツダ・キャロル/キャロルエコの燃費が向上

2013.03.12 自動車ニュース

「マツダ・キャロル/キャロルエコ」の燃費が向上

マツダは、軽乗用車「キャロルエコ」「キャロル」の仕様を変更し、2013年3月12日に発売した。

「キャロルエコ」には、新たに減速エネルギーの回生技術「エネチャージ」が採用された。さらに、「アイドリングストップシステム」のエンジン停止開始速度が9km/hから13km/hへと変更されるなど、燃費の向上が図られた。JC08モードの燃費値は、FF車で33.0km/リッター、新たに設定された4WD車で30.4km/リッターを記録する。
アイドリングストップ中のエアコンオフ時に、蓄冷材を用いた冷風により車内温度を下げる「エコクール」が搭載されたのも新しい。

内外装についても、フロントグリルの一部やドアハンドルの色をシルバーとし、インテリアをベージュ基調のものから、ライトグレーとブラウンを組み合わせた新たな色調にするなどの変更が実施された。

「キャロル」のCVT車も、CVTなどの改良により燃費性能がアップした(JC08モードで24.0km/リッター)。

価格は、「キャロルエコ」が「ECO-L」(FF/CVT)の91万500円から「ECO-X」(4WD/CVT)の114万2000円まで。「キャロル」が「GS」(FF/5MT)の89万9850円から「GS」(FF/CVT)の96万750円まで。

(webCG)

「キャロルエコECO-X」
「キャロルエコECO-X」 拡大
「キャロルGS」
「キャロルGS」 拡大

関連キーワード:
キャロル, マツダ, 自動車ニュース

マツダ キャロル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」の安全装備を強化 2018.12.20 自動車ニュース マツダは2018年12月20日、軽乗用車「キャロル」に一部改良を実施し、販売を開始した。昼間の歩行者検知機能を追加した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」などの先進安全装備を上位モデルに採用している。
ホームへ戻る