日産ラフェスタ ハイウェイスターがより低燃費に

2013.02.14 自動車ニュース

「日産ラフェスタ ハイウェイスター」の燃費が16.2km/リッターに向上

日産自動車は2013年2月14日、2リッターミニバンの「ラフェスタ ハイウェイスター」をマイナーチェンジし、同年3月1日に発売すると発表した。

「ラフェスタ ハイウェイスター」は、マツダから日産にOEM供給される、2リッターの3列7人乗りミニバンである。今回の改良は、ベース車である「マツダ・プレマシー」がマイナーチェンジされたことによるもので、新採用の直噴ガソリンエンジンや6段AT、改良型のアイドリングストップ機能などを一部のグレードに採用。「ハイウェイスター」および「ハイウェイスターG」では、燃費が16.2km/リッター(JC08モード)に向上した。

また、これまで特別仕様車として販売していた「ハイウェイスターG スプレモ」を、最上級グレードとしてラインナップに追加。同グレードのみの専用装備として、ステアリングシフトスイッチやASCD(オートスピードコントロール装置)、自動防眩式ルームミラー、6スピーカーなどを新たに採用した。

内外装も一部を変更しており、エクステリアでは新色のメテオグレーとジールレッドを含む計5色をボディーカラーに設定。アルミホイールのセンターキャップはブラックとなる。

一方インテリアでは、一部のグレードでシート地のデザインを変更。センタークラスターにピアノブラック調のパネルを採用したほか、本革巻きシフトノブのデザインも変更となった。また運転席シートバックポケットの採用や、ラゲッジアンダーボックスの容量拡大など、使い勝手の向上も図られている。

バリエーションと価格は以下の通り。
・ハイウェイスター Jパッケージ:199万1850円
・ハイウェイスター:214万5150円
・ハイウェイスターG:223万8600円
・ハイウェイスターG スプレモ:249万9000円
・ハイウェイスター(4WD):228万9000円
・ハイウェイスターG(4WD):251万3700円

(webCG)

「日産ラフェスタ ハイウェイスター」
「日産ラフェスタ ハイウェイスター」 拡大
新色のジールレッド。
新色のジールレッド。 拡大
「ハイウェイスターG スプレモ」の車内。
「ハイウェイスターG スプレモ」の車内。 拡大
新採用の2リッター直噴ガソリンエンジン。
新採用の2リッター直噴ガソリンエンジン。 拡大

関連キーワード:
ラフェスタ, 日産, 自動車ニュース

日産 ラフェスタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • トヨタ・アイシスプラタナ2.0(CVT)/プラタナ1.8(4AT)【試乗記】 2004.11.2 試乗記 トヨタ・アイシスプラタナ2.0(CVT)/プラタナ1.8(4AT)
    ……265万4400円/254万9400円

    センターピラーレスボディと電動スライドドアによる大開口「パノラマオープンドア」を売りものにする、トヨタの新型ミニバン「アイシス」。「ガイア」の後を継ぐモデルに、自動車ジャーナリストのいしわたり康が試乗した。


  • トヨタ・アイシスプラタナ2.0(CVT)【ブリーフテスト】 2005.1.6 試乗記 ……265万4400円
    総合評価……★★★★

    1890mmの大開口「パノラマオープンドア」をウリにする、トヨタの新型ミニバン「アイシス」。「ノア/ヴォクシー」と「ウィッシュ」の中間的存在を担うニューモデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


  • 日産、新型「ラフェスタ ハイウェイスター」発売 2011.6.15 自動車ニュース 日産自動車は2011年6月15日、Mクラスミニバンの「ラフェスタ ハイウェイスター」をフルモデルチェンジして発売した。
  • ホンダが新型EV「ホンダe」の情報を先行公開 2020年8月に日本での販売を開始 2020.7.31 自動車ニュース ホンダが新型電気自動車(EV)「ホンダe」の情報を先行公開。2020年8月に日本での発売を予定しているコンパクトなEVで、2画面の大型タッチパネルモニターやサイドカメラミラー、AIを活用したコネクテッド機能など、充実した先進装備も特徴となっている。
ホームへ戻る