マツダ、「プレマシー」にスカイアクティブ導入

2013.01.24 自動車ニュース

マツダ、「プレマシー」にスカイアクティブのパワートレイン技術を投入

マツダは2013年1月24日、3列シートミニバンの「プレマシー」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良では、量販グレードのパワートレインを刷新。新たに直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」と6段AT「SKYACTIV-DRIVE」を採用した「20S-SKYACTIV Lパッケージ」「20S-SKYACTIV」「20C-SKYACTIV」の3グレードが登場した。

これらのうち、「20S-SKYACTIV Lパッケージ」は新型「プレマシー」の最上級グレードに当たり、ハーフレザーシートやピアノブラックのセンターパネル、高輝度塗装の17インチアルミホイールなどを標準装備。一方「20S-SKYACTIV」と「20C-SKYACTIV」は新開発の15インチタイヤを装着することで、2リッターミニバンとしてはクラストップレベルの16.2km/リッター(JC08モード)という燃費性能を実現した。

これら3グレードには、運転診断機能の「インテリジェントドライブマスター(i-DM)」やTFTカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイ付き専用メーターを標準装備。「20S-SKYACTIV Lパッケージ」「20S-SKYACTIV」には、自動防眩ルームミラー、クルーズコントロール、ステアリングシフトスイッチ、6スピーカーをセットにした「クルージングパッケージ」もオプションで用意されている。

また、利便性も向上しており、全グレードで運転席、助手席の両方にシートバックポケットを採用(従来型は助手席のみ)したほか、荷室のアンダートランクの深さを50mmから200mmに変更。「SKYACTIV技術」搭載車および4WD車には、電動スライドドアが標準装備となった。

ボディーカラーは、既存の5色に「ジールレッドマイカ」「ジェットブラックマイカ」「メテオグレーマイカ」の3色を加えた全8色を用意。シート表皮や本革巻きシフトノブの形状を変更するなど、内装の仕様も一部が見直されている。

新型「プレマシー」のラインナップと価格は以下の通り。
・20C-SKYACTIV:195万3000円
・20S-SKYACTIV:220万5000円
・20S-SKYACTIV Lパッケージ:235万2000円
・20CS:179万9000円
・20C(4WD):210万円
・20S(4WD):235万2000円

(webCG)

「マツダ・プレマシー 20S-SKYACTIV Lパッケージ」
「マツダ・プレマシー 20S-SKYACTIV Lパッケージ」 拡大

マツダ、「プレマシー」にスカイアクティブ導入の画像 拡大

マツダ、「プレマシー」にスカイアクティブ導入の画像 拡大

マツダ、「プレマシー」にスカイアクティブ導入の画像 拡大

関連キーワード:
プレマシー, マツダ, 自動車ニュース

マツダ プレマシー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・プレマシー 2010.7.1 画像・写真 フルモデルチェンジでNAGAREデザインを採用した新型「プレマシー」を写真で紹介する。
  • マツダ、「プレマシー」にスカイアクティブ導入 2013.1.24 自動車ニュース マツダは2013年1月24日、3列シートミニバンの「プレマシー」をマイナーチェンジし、販売を開始した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
ホームへ戻る