ルノー・メガーヌ ルノースポールの環境性能向上

2013.01.17 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ ルノースポール」の環境性能高まる

ルノー・ジャポンは2013年1月17日、一部仕様が変更された「メガーヌ ルノースポール」を発売した。

今回、「メガーヌ ルノースポール」の注文生産モデルに、ストップ&スタート機能とエナジースマートマネージメント(エネルギー回生機構)が追加された。
対象となるモデルとその価格は、以下のとおり。いずれも、これまでより4万円高となっている。

・メガーヌ ルノースポール(19インチアロイホイール仕様車):407万円
・メガーヌ ルノースポール レッドパック(18インチアロイホイール仕様車):394万円
・メガーヌ ルノースポール レッドパック(19インチアロイホイール仕様車):412万円
・メガーヌ ルノースポール パック リュクス(19インチアロイホイール仕様車):453万円

なお、標準車となる「メガーヌ ルノースポール」の18インチアロイホイール仕様車には上記機能は与えられず、価格も385万円の据え置きとなる。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る