メルセデスのCLクラスにdesignoカラーの限定車

2012.09.19 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLクラス」にdesignoカラーの限定車

メルセデス・ベンツ日本は2012年9月19日、「CLクラス」に特別仕様車「CL550 BlueEFFICIENCY Grand Edition(ブルーエフィシェンシー グランドエディション)」を設定し、発売した。

今回の特別仕様車は、4.7リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを積む「CL550ブルーエフィシェンシー」をベースに、内外装に「designoプログラム」を採用した20台限定モデル。

ボディーカラーには「designoモカブラック」と「designoマグノカシミアホワイト(マットカラー)」の2色を設定。ナッパレザー仕立てのインテリアには特別内装色の「designoポーセレン」(白磁色)を採用し、特別感のある仕様としている。

またフロントスポイラーやサイド&リアスカートがセットになった「AMGスタイリングパッケージ」や、専用デザインの20インチ5スポークアルミホイールも特別装備する。

価格は「designoモカブラック」仕様が1695万円(ベースモデル比55万円高)、「designoマグノカシミアホワイト」仕様は1720万円(同80万円高)。モカブラックが17台、マグノカシミアホワイトが3台、計20台の限定販売で、左ハンドル仕様のみとなる。

(webCG ワタナベ)

「メルセデス・ベンツCL550ブルーエフィシェンシー グランドエディション」(ボディーカラー:designoモカブラック)
「メルセデス・ベンツCL550ブルーエフィシェンシー グランドエディション」(ボディーカラー:designoモカブラック) 拡大

メルセデスのCLクラスにdesignoカラーの限定車の画像 拡大

メルセデスのCLクラスにdesignoカラーの限定車の画像 拡大

関連キーワード:
CLクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • メルセデスAMG GT R(後編) 2020.10.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第4回は「メルセデスAMG GT R」の試乗リポート後編。これまで何台ものAMGをガレージに収めてきた元オーナーであるにもかかわらず、その口から肯定的なコメントがなかなか発せられないのだが……。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンの価格が明らかに 2020.10.19 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2020年10月19日、「コンチネンタルGTマリナー」の国内における販売価格を発表した。ベントレーのビスポーク部門であるベントレーマリナーが設計と製造を担当する「コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンとなっている。
ホームへ戻る