「Eクラス」に安全装備充実の特別仕様車

2013.01.09 自動車ニュース

「Eクラス」に安全装備を充実させた特別限定車「RSPリミテッド」登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年1月9日、「Eクラス」のセダンとステーションワゴンに、安全運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」を備えた特別仕様車「RSPリミテッド」を設定し、発売した。

「レーダーセーフティパッケージ(Rader Safety Package)」とは、五つのミリ波レーダーセンサーと一つのカメラを使い、自車周辺の車両や障害物との距離、相対速度を測定。緊急時には自動でブレーキを作動させ、衝突の危険性を低減する安全運転支援システムである。

今回の特別仕様車は、このシステムの日本導入1周年に合わせて設定されたもので、「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「E300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「E250ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」の3車種をベースに、通常は19万円のオプションであるレーダーセーフティパッケージが標準装備される。

このほかにも、セダンの「E300」には、18インチAMGツインスポークアルミホイールや専用のエアロパーツ、スポーツシートなどからなる「AMGスポーツパッケージ」が、セダンとワゴンの「E250」には、18インチAMGツインスポークアルミホイールが装備される。

価格は、「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド RSPリミテッド」(600台)が639万円、「E300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド RSPリミテッド」(300台)が735万円、「E250ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド RSPリミテッド」(300台)が674万円。

(webCG)

「メルセデス・ベンツEクラス RSPリミテッド」
「メルセデス・ベンツEクラス RSPリミテッド」 拡大

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(前編) 2021.4.1 谷口信輝の新車試乗 高級サルーンの代名詞的存在である「メルセデス・ベンツSクラス」が7代目に進化。走り慣れたワインディングロードで早速ステアリングを握った谷口信輝だったが、その反応は何やらいつもとは違うようで……。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
ホームへ戻る