シボレーの2013年ラインナップが明らかに

2013.01.07 自動車ニュース

GMジャパン、シボレーブランドの2013年ラインナップを発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年1月4日、日本で取り扱うシボレーブランドの2013年のラインナップを発表し、販売を開始した。

2013年にGMが日本市場で扱う車種は、これまでと同じく「カマロ」「コルベット」「キャプティバ」「ソニック」の4種類。このうち「カマロ」には一部改良が実施され、新デザインのアルミホイールや、7インチのタッチスクリーン・カラーディスプレイAM/FMラジオ(USB/AUX/Bluetooth対応)などが採用された。

グレードは従来同様、V6エンジンの「クーペLT RS」と「コンバーチブル」、V8エンジンを搭載する「クーペSS RS」の3種類。価格は従来より5万円高の435万円から540万円までとなっている。

また、新型の発表を目前にひかえた高性能スポーツカーの「コルベット」はグレードが大幅に整理され、「グランスポーツ クーペ」(6AT)のみが販売されることとなった。同車は436psを発生する6.2リッターV8エンジンはそのままに、ワイドタイヤを履くために全幅が75mm拡幅され、専用サスペンションなどが与えられた高性能モデルである。2013年モデルにはコルベットの誕生60周年を記念するロゴも採用される。

これらを含む、2013年のシボレーのラインナップは以下の通り。

シボレー・カマロ
・カマロ クーペLT RS:435万円
・カマロ クーペSS RS:540万円
・カマロ コンバーチブル:504万円

シボレー・コルベット
・コルベット グランスポーツ クーペ:799万円

シボレー・キャプティバ
・キャプティバ:359万円

シボレー・ソニック
・ソニック:189万円
・ソニックLT:198万円
・ソニック スポーツライン:229万円

(webCG)

「シボレー・カマロ」
「シボレー・カマロ」 拡大
「シボレー・コルベット」
「シボレー・コルベット」 拡大

関連キーワード:
カマロ, コルベット, キャプティバ, ソニック, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
ホームへ戻る