三菱が「アウトランダーPHEV」を発表

2012.12.26 自動車ニュース

三菱、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を発表

三菱自動車は2012年12月26日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を発表した。発売は2013年1月24日を予定している。

■実質的な車両価格は289万4000円から

「アウトランダーPHEV」は、新型「アウトランダー」をベースに、三菱が独自に開発した電気自動車(EV)派生の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載するモデル。

前輪の駆動に2リッター直4ガソリンエンジンとモーター、後輪の駆動にモーターを使用する4WD車で、モーターだけで走る「EV走行モード」、エンジンで発電した電力を使ってモーターだけで走る「シリーズ走行モード」、エンジンで走ってモーターがアシストする「パラレル走行モード」の3モードを自動で切り替えて走る。

EV走行時とハイブリッド走行時の燃費を複合した「プラグインハイブリッド燃料消費率(複合燃料消費率)」は67km/リッターがうたわれる。ハイブリッド燃費単体では18.6km/リッターで、航続可能距離は897km。満充電からのEV走行距離は60.2kmとされる(いずれもJC08モード)。充電時間の目安はAC200Vなら約4時間で満充電。急速充電ならおよそ30分で、12kWhのリチウムイオンバッテリーを約80%まで充電することができる。

また、車載のコンセントから最大1500Wの電気が取り出せる給電機能など、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッド車ならではの機能も取り入れられている。

グレードは「E」「G」「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の5種類(「E」は受注生産で2013年2月末生産開始予定)。先進の安全装備である「e-Assist」は「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の3グレードに標準装備。「G Premium Package」では本革シートも標準となる。

メーカー希望小売価格は332万4000円〜429万7000円。エコカー減税(免税)と平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額43万円)の対象車となっており、補助金が適用された場合の実質的な車両本体価格は289万4000円〜386万7000円となる。

(webCG)

「アウトランダーPHEV G Premium Package」
「アウトランダーPHEV G Premium Package」 拡大
「アウトランダーPHEV G Navi Package」
「アウトランダーPHEV G Navi Package」 拡大
「アウトランダーPHEV」のインパネ
「アウトランダーPHEV」のインパネ 拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • 日産の新型コンパクトSUV「キックス」 ハイブリッド専用モデルとしてデビュー 2020.6.24 自動車ニュース 日産自動車は2020年6月24日、新型コンパクトSUV「キックス」を発表した。ラインナップされるのは同社独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載するモデルのみで、同年6月30日に販売が開始される。
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
ホームへ戻る