ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸

2012.12.14 自動車ニュース

「ランボルギーニ・アヴェンタドール」のロードスターが日本上陸

ランボルギーニ・ジャパンは2012年12月14日、「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター」を発表した。

「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」は、ランボルギーニのフラッグシップモデルのオープン仕様である。

既報の通り、ルーフは2分割の脱着式で、取り外したパネルはフロントのトランクルームに収納可能。軽量化のため、素材にはカーボンファイバーが用いられており、重さは片方で約6kgに収められている。

ロードスターボディーに仕立て直すにあたり、リアピラーの構造は全面的に設計が変更された。一目でロードスターと分かるようにデザインも改められている。

パワートレインはクーペと同じで、6.5リッターV12エンジンは700ps/8250rpmの最高出力と、70.4kgm/5500rpmの最大トルクを発生。「ISR」と呼ばれる7段シングルクラッチ式セミATを搭載する。駆動方式は4WD。車両重量は1625kgとなっており、ボディー補強などによるクーペからの重量増を50kgに抑えている。

これにより、0-100km/h加速は3秒、最高速は350km/hという動力性能を発揮する。

日本での価格は4660万3200円。

(webCG)

→「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター」のさらに詳しい写真はこちら

 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像 拡大
「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」と、ランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ氏。
「アヴェンタドールLP700-4ロードスター」と、ランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ氏。 拡大
 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像 拡大
 
ランボルギーニの新型ロードスターが日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
アヴェンタドール ロードスター, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(前編) 2020.12.6 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー」に試乗。箱根のワインディングロードで感じ取ったその長所と短所を、余すところなく語りつくす!
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
ホームへ戻る