独BMW、「M6グランクーペ」を発表

2012.12.14 自動車ニュース

独BMW、「M6グランクーペ」を発表

独BMWは2012年12月12日、「BMW M6グランクーペ」の概要を発表した。

「M6グランクーペ」は、クーペ、コンバーチブルに続く「M6」シリーズ第3のボディーバリエーション。Mモデルならではの高い動力性能と、豪華で美しいスタイルの融合が特長で、同時に4ドアのボディーがもたらす居住性の高さも見どころとされる。

エンジンは他の「M6」と同じ4.4リッターV8ツインターボで、最高出力は560ps/6000-7000rpm、最大トルクは69.4kgm/1500-5750rpm。レブリミットは7200rpmとなっている。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、7段の「M DCTドライブロジック」と呼ばれるデュアルクラッチ式。アイドリングストップ機構を搭載するなど、環境性能にも配慮している。

またM仕様のダイナミックダンパーコントロールシステムを備えるなど、足まわりも専用にチューニング。ホイールは20インチが標準となっており、ブレーキにはオプションでカーボンセラミックタイプも用意される。

さらにエクステリアでは、ルーフやリアディフューザーにカーボン素材を採用。巨大なエアインテークを備えたフロントマスクには、LEDヘッドライトが標準装備される。

これらの改良により、「M6グランクーペ」は0-100km/h加速4.2秒という動力性能を実現。最高速は250km/hでリミッターが作動するが、オプションの「Mドライバーズパッケージ」装着車では305km/hに達する。

本国ドイツにおける車両価格(19%の付加価値税込み)は12万8800ユーロ(約1410万円)。現地での発売は2013年5月を予定している。

(webCG)

→「BMW M6グランクーペ」のさらに詳しい写真はこちら

「BMW M6グランクーペ」
「BMW M6グランクーペ」 拡大
 
独BMW、「M6グランクーペ」を発表の画像 拡大
 
独BMW、「M6グランクーペ」を発表の画像 拡大

関連キーワード:
M6グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M6グランクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2013.9.30 試乗記 最高出力560ps、最大トルク69.3kgmの怪物「BMW M6グランクーペ」に試乗。同じ心臓を持つ「M5」とも「M6クーペ/カブリオレ」とも異なる、このクルマならではの魅力を探る。
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
ホームへ戻る