「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

2014.05.08 自動車ニュース
「BMW 6シリーズ グランクーペ」
「BMW 6シリーズ グランクーペ」 拡大

「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

BMWジャパンは2014年5月8日、運転支援システムをより充実させた、ラグジュアリーモデル「BMW 6シリーズ」の販売を開始した。

「6シリーズ クーペ」
「6シリーズ クーペ」 拡大
「6シリーズ カブリオレ」
「6シリーズ カブリオレ」 拡大

今回、「M6」を含む「6シリーズ」の全モデルラインナップに対して、「iDriveコントローラー」に指先を使った手書き入力や地図の拡大/縮小を可能とするタッチパッドが与えられた。

このうち、ハイパフォーマンスモデルの「M6クーペ/カブリオレ/グランクーペ」とV8モデルの「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」は、死角を走行する他車両の存在を知らせることで安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」も標準装備となる。

さらに「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」には、前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール」も搭載される。
これまでも装備されていた「衝突回避・被害軽減ブレーキ」についても、従来のカメラシステムにミリ波レーダーセンサーを加えることで、制御の精度が高められている。

各モデルの価格は、以下の通り。

・640iクーペ:972万円
・640iカブリオレ:1070万円
・640iグランクーペ:1024万円
・650iクーペ:1304万円
・650iカブリオレ:1402万円
・650iグランクーペ:1327万円
・M6クーペ:1760万円
・M6カブリオレ:1827万円
・M6グランクーペ:1796万円

(webCG)

関連キーワード:
6シリーズ クーペ, M6クーペ, M6カブリオレ, M6グランクーペ, 6シリーズ カブリオレ, 6シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 6シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
ホームへ戻る