「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

2014.05.08 自動車ニュース
「BMW 6シリーズ グランクーペ」
「BMW 6シリーズ グランクーペ」 拡大

「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

BMWジャパンは2014年5月8日、運転支援システムをより充実させた、ラグジュアリーモデル「BMW 6シリーズ」の販売を開始した。

「6シリーズ クーペ」
「6シリーズ クーペ」 拡大
「6シリーズ カブリオレ」
「6シリーズ カブリオレ」 拡大

今回、「M6」を含む「6シリーズ」の全モデルラインナップに対して、「iDriveコントローラー」に指先を使った手書き入力や地図の拡大/縮小を可能とするタッチパッドが与えられた。

このうち、ハイパフォーマンスモデルの「M6クーペ/カブリオレ/グランクーペ」とV8モデルの「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」は、死角を走行する他車両の存在を知らせることで安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」も標準装備となる。

さらに「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」には、前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール」も搭載される。
これまでも装備されていた「衝突回避・被害軽減ブレーキ」についても、従来のカメラシステムにミリ波レーダーセンサーを加えることで、制御の精度が高められている。

各モデルの価格は、以下の通り。

・640iクーペ:972万円
・640iカブリオレ:1070万円
・640iグランクーペ:1024万円
・650iクーペ:1304万円
・650iカブリオレ:1402万円
・650iグランクーペ:1327万円
・M6クーペ:1760万円
・M6カブリオレ:1827万円
・M6グランクーペ:1796万円

(webCG)

関連キーワード:
6シリーズ クーペ, M6クーペ, M6カブリオレ, M6グランクーペ, 6シリーズ カブリオレ, 6シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 6シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.16 試乗記 これまでの「1シリーズ クーペ」に代わって誕生した、BMWの新たな2ドアモデル「2シリーズ クーペ」。その走りや乗り心地を、エントリーモデル「220iクーペ スポーツ」で確かめた。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
ホームへ戻る