三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良

2012.12.13 自動車ニュース

三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良

三菱自動車は2012年12月13日、軽商用車「ミニキャブ バン」「ミニキャブ トラック」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

今回の仕様変更は、2013年1月から施行される灯火器および反射器等に関する法規に対応するためのもの。「ミニキャブ トラック」の「Vタイプ」「VX-SE」「みのり」「楽床ダンプ」の4グレード、および「ミニキャブ バン」の福祉車両に、後方反射板を装着し、夜間の積載や乗降に際しての安全性を向上させた。

このほかにも、車内空間の質感向上を図ってシート生地を変更。グレード展開も見直された。

価格は「ミニキャブ バン」が89万7000円から144万2000円まで。「ミニキャブ トラック」が64万1000円から113万7000円まで。

(webCG)

「三菱ミニキャブ バン CD」
「三菱ミニキャブ バン CD」 拡大
「ミニキャブ トラック Vタイプ」
「ミニキャブ トラック Vタイプ」 拡大

関連キーワード:
ミニキャブ トラック, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱、6名乗車の「タウンボックスワイド」新発売 1999.6.7 自動車ニュース 三菱自動車は「リッターBOXYワゴン」を謳った「タウンボックスワイド」を6月1日より発売した。6名乗車ができる。「三菱タウンボックスワイド」は軽キャブオーバーワゴンのタウンボックスをベースに、1.1リッターエンジンを搭載、6名乗車を可能とする3列シートを設定したものだ。タウンボックスに対して、全長を210ミリ延長、全幅を60ミリ拡幅するいっぽうで、全高は80ミリさげている。エンジンは75馬力の最高出力をもつ1.1リッター4気筒SOHCで、気筒あたり4つのバルブを備えている。トランスミッションは4段オートマチックのみで、ドライブトレインは前輪駆動と4輪駆動が用意されている。前輪駆動モデルが139.8万円、4輪駆動モデルが151.8万円となっている。サードシートはさすがに小ぶりで、メーカー自身「4+2シート」と謳っているとおり、緊急用と考えたほうがいいかもしれない。ただ、お買い得感はあるような気がする。「いいもの長く」というスローガンといい、三菱は低成長時代に合わせた車種開発に余念がないようである。(Web CG オガワ)
  • 三菱、「ミニキャブ」シリーズを一部改良 2012.12.13 自動車ニュース 三菱自動車は2012年12月13日、軽商用車「ミニキャブ バン」「ミニキャブ トラック」の仕様を一部変更し、販売を開始した。
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • マツダ、新型「CX-5」を発表 2016.12.15 自動車ニュース マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。発売は2017年2月2日。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」というキーワードを掲げている。価格は246万2400円~352万6200円。月間販売台数は2400台を計画。
  • 三菱の軽ワンボックスがフルモデルチェンジ 2015.3.10 自動車ニュース 三菱が新型「ミニキャブ バン」「タウンボックス」を発表。3月20日に発売。
ホームへ戻る