スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場

2012.12.06 自動車ニュース

「スズキ・ソリオ」に特別仕様車「BLACK&WHITE II」登場

スズキは2012年12月6日、小型乗用車「ソリオ」の特別仕様車「BLACK&WHITE II」を発売した。

今回のモデルは、2011年11月に登場した「BLACK&WHITE」に続く、黒と白を基調に内外装をコーディネートした特別仕様車の第2弾だ。

ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール3」と「パールホワイト」の2色で、フロントグリルやヘッドランプにチタン色を採用。リアコンビネーションランプのリフレクターにはメッキが施され、ガンメタリック塗装のバックドアガーニッシュや15インチアルミホイール、LEDウインカー付きドアミラー、白色のLEDイルミネーションなども備えられる。

一方インテリアでは、シルバーステッチを施した本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、ピアノブラック調のインパネセンターガーニッシュなどを装備。ルームミラーカウルは白と黒のチェック柄となっている。

またシートには、背もたれと座面の中央部分に黒とグレーのチェック柄を施した専用表皮を採用。フロアマットも黒とグレーのチェック柄だ。

このほかにも、車両の施錠と連動して自動で閉じるリモート格納ミラーや、運転席シートヒーターなどを全車に装備。オプションでオートライトシステム付きディスチャージヘッドランプ、挟み込み防止機構付き後席右側パワースライドドア、ステアリングオーディオスイッチも用意される。

価格はFF車が157万5000円、FFのアイドリングストップ搭載車が166万9500円、4WD車が169万4700円となっている。

(webCG)

「スズキ・ソリオ BLACK&WHITE II」
「スズキ・ソリオ BLACK&WHITE II」 拡大

スズキ・ソリオに白と黒の特別仕様車が再登場の画像 拡大

関連キーワード:
ソリオ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ソリオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.8 試乗記 スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」が新型に生まれ変わった。ボディーサイズの拡大も乗り味の変化も、すべてはライバル車の研究のもとに行われた改良だ。最上級グレードの「ハイブリッドMZ」に試乗し、その進化のほどを確かめた。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • 「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ 2010.12.24 自動車ニュース コンパクトハイトワゴンの「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジした。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
ホームへ戻る