スズキ・ソリオ(前編)

2015.08.26 画像・写真

スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」をフルモデルチェンジした。

今回の新型は新設計のプラットフォームを採用したことで、大幅な軽量化と車内空間の拡大を実現。パワーユニットは新開発の1.2リッター直4 DOCHエンジンとCVTの組み合わせで、マイルドハイブリッドシステムの採用とも相まって、最高で27.8km/リッター(JC08モード)の燃費性能を実現した。

また安全装備として、ステレオカメラ方式の運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」を設定している。
関連ニュースはこちら
新型「スズキ・ソリオ」のフォトギャラリー(後編)はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
  • 装備を強化してお得な価格設定に 「スズキ・ソリオ」に2タイプの特別仕様車 2019.7.11 自動車ニュース スズキは2019年7月11日、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」に特別仕様車「GX2」および「GX4」を設定し、販売を開始した。「G」の「スズキセーフティーサポート装着車」をベースに、快適装備などを充実させながらも、買い得な価格設定としている。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
ホームへ戻る