ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開

2012.08.20 自動車ニュース

英ベントレーが「ミュルザンヌ コンバーチブル」を公開

英ベントレーモーターズは2012年8月20日、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」をベースにしたコンバーチブルコンセプトのスケッチを公開した。

ベースとなった「ミュルザンヌ」は、6.75リッターのV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーのフラッグシップモデル。全長が5.5mを超える大柄な4ドアセダンだが、コンバーチブル化にともない4座の2ドア車に改められる。また同社の“流儀”にしたがい、ルーフにはクロスのようなソフトな素材を用い、リアデッキカバーの下にきれいに収まる構造をとるようだ。

「モダンで高級感にあふれ、先端技術を使用したミュルザンヌサルーンは、世界一エレガントなコンバーチブルを作るベースとしては理想的だった」とは、ベントレー会長兼CEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏の言葉。「ミュルザンヌシリーズの魅力を発展させるだけでなく、特に新興市場でベントレーブランドの認知度を高めてくれることだろう」と語っている。

実車は8月19日に米カリフォルニア州モントレーで開催された高級車の品評会「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で公開されたもよう。

(webCG 竹下)

スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。
スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

関連キーワード:
ミュルザンヌ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ミュルザンヌ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン初となるSUV「DBX」の生産第1号車がラインオフ 2020.7.14 自動車ニュース 英アストンマーティンは2020年7月9日(現地時間)、ウェールズのセント・アサン新工場においてSUV「DBX」の生産第1号車がラインオフし、同年7月後半にデリバリーを開始すると発表した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入 2020.7.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/6AT)【試乗記】 2020.7.16 試乗記 フォルクスワーゲンのクロスオーバーモデル「パサート オールトラックTDI 4MOTION」に試乗。ディーゼルエンジン+4WDのパワートレイン、そしてベース車よりも最低地上高30mmアップのシャシーが織りなす、その走りの魅力とは?
ホームへ戻る