ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開

2012.08.20 自動車ニュース

英ベントレーが「ミュルザンヌ コンバーチブル」を公開

英ベントレーモーターズは2012年8月20日、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」をベースにしたコンバーチブルコンセプトのスケッチを公開した。

ベースとなった「ミュルザンヌ」は、6.75リッターのV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーのフラッグシップモデル。全長が5.5mを超える大柄な4ドアセダンだが、コンバーチブル化にともない4座の2ドア車に改められる。また同社の“流儀”にしたがい、ルーフにはクロスのようなソフトな素材を用い、リアデッキカバーの下にきれいに収まる構造をとるようだ。

「モダンで高級感にあふれ、先端技術を使用したミュルザンヌサルーンは、世界一エレガントなコンバーチブルを作るベースとしては理想的だった」とは、ベントレー会長兼CEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏の言葉。「ミュルザンヌシリーズの魅力を発展させるだけでなく、特に新興市場でベントレーブランドの認知度を高めてくれることだろう」と語っている。

実車は8月19日に米カリフォルニア州モントレーで開催された高級車の品評会「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で公開されたもよう。

(webCG 竹下)

スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。
スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

関連キーワード:
ミュルザンヌ, ベントレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • ベントレー各モデルの車両本体価格が変更に 2021.4.1 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2021年4月1日、ベントレー各車の2022MYモデルについて、車両本体価格を変更すると発表した。「コンチネンタルGT V8」や「フライングスパー」などのモデルが値上げとなっている。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
ホームへ戻る