旧き佳きベントレーの終幕 「ミュルザンヌ」が生産終了へ

2020.01.22 デイリーコラム

役目を終えるベントレーの旗艦サルーン

英国の名門ベントレー・モーターズは昨2019年に創業100周年を迎え、さまざまなアニバーサリー限定モデルを上市するかたわら、日本を含む世界各国で祝賀イベントを挙行した。まさに2019年はラグジュアリーブランドにおける主役の地位を謳歌(おうか)したと言えるだろう。そして今年2020年は、次なる100年を目指した新しい展開が期待されていたのだが、年明け早々の1月14日に、筆者自身を含むベントレーのオールドファンにとっては“激震”とも言うべきニュースが配信された。

2009年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」における“ワールドプレミア”から11年を迎えたベントレーの最高級モデル「ミュルザンヌ」が、同社のビスポーク特装部門「マリナー(Mulliner)」の手によって世界限定30台のみ製作されるファイナルバージョン「ミュルザンヌ6.75エディションbyマリナー」を最後に生産終了。その後のベントレーのフラッグシップの座には、新型「フライングスパー」が就くという発表がなされたのだ。

昨年の夏、ベントレーの英国クルー本社ファクトリーにて新型フライングスパーと初対面した際、初代、2代目から大幅に迫力を増し、これまでのミュルザンヌに匹敵するかにも映るそのアピアランスを目の当たりにして、筆者は「近い将来、ミュルザンヌの市場もカバーすることを想定している……?」と直感的に予想したのだが、残念なことに(あくまで個人的に)予想していたよりもずっと早く“その日”が訪れてしまったことになる。

ロールス・ロイスとパートナーだった時代から、ベントレーとは密接な関わりをもってきた筆者は、現行型ミュルザンヌに深い敬愛の念を抱いている。その理由は、もはや甘美と表現してしまいたくなる古典的魅力にある。特にパワーユニットについては、まさしく唯一無二のものと言わねばなるまい。

生産終了がアナウンスされた、ベントレーの旗艦モデル「ミュルザンヌ」。
生産終了がアナウンスされた、ベントレーの旗艦モデル「ミュルザンヌ」。拡大
上質なレザーやウッドがふんだんに用いられた車内。「ミュルザンヌ」の製造はそのほとんどが職人の手作業によって行われ、1台をラインオフするのに、実に400時間もの“マンアワー”を要するという。
上質なレザーやウッドがふんだんに用いられた車内。「ミュルザンヌ」の製造はそのほとんどが職人の手作業によって行われ、1台をラインオフするのに、実に400時間もの“マンアワー”を要するという。拡大
「ミュルザンヌ」の生産終了後は、「フライングスパー」がベントレーの最上級モデルとなる。
「ミュルザンヌ」の生産終了後は、「フライングスパー」がベントレーの最上級モデルとなる。拡大
2018年夏のクルー工場取材より、「ミュルザンヌ」のフィニッシュ工程の様子。(著者撮影)
2018年夏のクルー工場取材より、「ミュルザンヌ」のフィニッシュ工程の様子。(著者撮影)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.20 試乗記 2種類の過給機にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる、ボルボのラージサイズSUV「XC90 B6 AWD」。高速道路や山道を行くドライブ旅に出てみれば、グランドツーリングカーとしての優れた資質が見えてきた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る