「クサラ」に高性能モデルとワゴン追加

1998.11.12 自動車ニュース

「クサラ」に高性能モデルとワゴン追加 (11/12)

新西武自動車販売は「シトロエンクサラ」の新ラインナップを11月9日より販売開始した。高性能モデルとワゴンが追加された。

「シトロエンクサラ」のわが国におけるラインナップにはさまざまな変更が加えられた。最大の眼目はバリエーションが増えたことで、具体的には165psの高性能版「VTS」およびワゴンである「ブレーク」の追加である。

「クサラVTS」は165psの2リッター4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載する2ドア版で、トランスミッションは5段マニュアル、サスペンションは強化型が組み合わせられている。内装面ではフルレザーシートに革巻ステアリングホイールという専用装備が与えられている。ハンドル位置は右のみで価格は299.0万円だ。

「クサラブレーク」はセダンに対してリアのオーバーハングを190mm延長したステーションワゴン版で、今回は100psの1.8リッター4気筒SOHCエンジン搭載の「SX」と、新しいエグザンティアと共通する130psの2リッター4気筒DOHCエンジン搭載「エクスクルーシブ」の2モデルが同時に発売された。いずれも右ハンドル、4AT仕様で、「SX」は235.0万円、「エクスクルーシブ」は279.0万円となっている。

「クサラ」に従来から設定されていたセダンのうち「エクスクルーシブ」はパワープラントが一新され、「ブレークエクスクルーシブ」と同じ130psの2リッターエンジンが搭載された。さらに今回から15インチのアルミホイールが装着された。価格は1.8リッター「SX」が220.0万円、「エクスクルーシブ」が264.0万円だ。

 
「クサラ」に高性能モデルとワゴン追加の画像

関連キーワード:
クサラ, シトロエン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】 2003.6.25 試乗記 ……199.0万円
    総合評価……★★★★




  • 第159回:ビバ! ポンコツ147 2020.1.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第159回は「ビバ! ポンコツ147」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるアルファ・ロメオ車とは? 30万円以下で購入した中古モデルで、シアワセなカーライフを送っている、あるクルマ好きの生態に迫る。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
ホームへ戻る