ホンダ、「インテグラSJ」もLEVに

1999.01.27 自動車ニュース

ホンダ、「インテグラSJ」もLEVに(1/27)

本田技研工業は「ドマーニ」と「インテグラSJ」の内外装を改良するとともに、低公害車(LEV)を追加。1月21日に発売した。

あらたにLEV(Low Emission Vehicle)化されたのは、「ドマーニ15E」「インテグラSJ LXi」「インテグラSJ EXi」の3車種。いずれも1.5リッター直4SOHCエンジンを搭載するモデルだ。吸気ポートや触媒の改良、空燃比制御の適正化によって、CO、HC、Noxの排出量を、現行規制値の10分の1にまで削減したという。

トランスミッションも改良されている。「ドマーニ16X」と「インテグラSJ Vxi/Lxi」には、ハンドルに設けられたスイッチで、ドライブ、スポーツ、エコノミーの3つのモードを切り替えることが可能なCVT「ホンダマルチマチックS」が採用された。そのほか、2DINサイズのオーディオを収納可能にしたインストルメントパネル、ダイアル型エアコンスイッチ、前後独立式の運転席ハイトアジャスターなどがあらたに採用された。なお「ドマーニ」「インテグラSJ」とも価格は据え置きとなっている。

それにしても、この2車種って、町中であまり見かけない気がするなあ。「匿名性が高い」というのも、クルマの重要な性能のひとつではありますが……。(Web CG スヤマ)

 
ホンダ、「インテグラSJ」もLEVにの画像

関連キーワード:
インテグラ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ インテグラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2020(ホンダ) 2020.1.12 画像・写真 ホンダは東京オートサロン2020の会場で「シビックセダン」と「シビックハッチバック」のマイナーチェンジモデルや「シビック タイプR」の改良型を発表。純正コンプリートカーシリーズ「モデューロX」や無限のカスタマイズパーツ装着車などで賑わったブースを写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その10) 2020.1.12 画像・写真 2020年に設立40周年を迎えるインパル。日産車のカスタマイズカーブランドとして、創設者である星野一義氏とともにその名は世界に轟いている。スポーツモデルからミニバンまで、東京オートサロン2020の会場に展示されたインパルのカスタマイズカーを写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(メルセデス・ベンツ) 2020.1.12 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は東京オートサロン2020のブースに電気自動車「EQC」や、ハイパフォーマンスモデル「AMG」の最新ラインナップのほか、SUPER GTに参戦するレーシングマシンなどを展示。ブースを彩るさまざまな車両を写真で紹介する。
  • ホンダが「シビック」をマイナーチェンジ 運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備 2020.1.10 自動車ニュース ホンダが「シビックセダン」「シビックハッチバック」をマイナーチェンジ。外装デザインを変更したほか、運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備とした。また2020年夏発売予定の「シビック タイプR」の改良モデルについても、情報の先行公開を開始している。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その11) 2020.1.12 画像・写真 日本車ベースのカスタマイズカーが数多く出展される東京オートサロン。しかしその中にあっても、イタリアンスーパーカーは特別な存在として来場者の視線を集めていた。大口径ホイールでカスタマイズされたTWSブースのフェラーリを写真で紹介する。
ホームへ戻る