「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売

2012.07.12 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売

ルノー・ジャポンは2012年7月12日、「ルノー・メガーヌ」シリーズのワゴンモデル「メガーヌ エステートGT」を発売した。

日本における「ルノー・メガーヌ」シリーズのラインナップに、新たにワゴン「メガーヌ エステート」が加えられた。

今回発売されたのは、中でも最もスポーティーなモデルとされる「エステートGT」で、高めのスプリングレートを持つサスペンションやダイレクト感の増したステアリングなど、ルノースポールが独自のチューニングを施したシャシーが特徴。パワーユニットも、トルキーな2リッター直4ターボエンジン(180ps/5500rpm、30.6kgm/2250rpm)が搭載されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4565×1810×1490mm。ハッチバックモデルより60mm延長された2700mmのホイールベースがもたらす直進安定性もセリングポイントのひとつである。
インテリアは、ドリルドアルミペダルやスポーツシートが目を引くスポーティーな仕立て。荷室の容量は486〜1516リッターと、ワゴンらしいボリュームが確保される。

トランスミッションは6段MTで、ハンドル位置は左のみ。価格は315万円だ。ボディーカラーは「ブラン グラシエ」と「グリ エクリプス」の2色が選べ、それぞれ30台ずつ、計60台の限定で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・メガーヌ エステートGT」
「ルノー・メガーヌ エステートGT」 拡大
 
「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売の画像 拡大
 
「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売の画像 拡大
 
「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売の画像 拡大

関連キーワード:
メガーヌエステート, ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌエステート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
ホームへ戻る