「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売

2012.07.12 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売

ルノー・ジャポンは2012年7月12日、「ルノー・メガーヌ」シリーズのワゴンモデル「メガーヌ エステートGT」を発売した。

日本における「ルノー・メガーヌ」シリーズのラインナップに、新たにワゴン「メガーヌ エステート」が加えられた。

今回発売されたのは、中でも最もスポーティーなモデルとされる「エステートGT」で、高めのスプリングレートを持つサスペンションやダイレクト感の増したステアリングなど、ルノースポールが独自のチューニングを施したシャシーが特徴。パワーユニットも、トルキーな2リッター直4ターボエンジン(180ps/5500rpm、30.6kgm/2250rpm)が搭載されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4565×1810×1490mm。ハッチバックモデルより60mm延長された2700mmのホイールベースがもたらす直進安定性もセリングポイントのひとつである。
インテリアは、ドリルドアルミペダルやスポーツシートが目を引くスポーティーな仕立て。荷室の容量は486〜1516リッターと、ワゴンらしいボリュームが確保される。

トランスミッションは6段MTで、ハンドル位置は左のみ。価格は315万円だ。ボディーカラーは「ブラン グラシエ」と「グリ エクリプス」の2色が選べ、それぞれ30台ずつ、計60台の限定で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・メガーヌ エステートGT」
「ルノー・メガーヌ エステートGT」 拡大
 
「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売の画像 拡大
 
「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売の画像 拡大
 
「ルノー・メガーヌ」のワゴン、限定60台で発売の画像 拡大

関連キーワード:
メガーヌエステート, ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌエステート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
ホームへ戻る