「オペル・ヴィータ」、2002年モデルは5種類に

2001.11.20 自動車ニュース

「オペル・ヴィータ」、2002年モデルは5種類に

日本ゼネラルモーターズは、オペルのコンパクトハッチ「ヴィータ」(本国名コルサ)の2002年モデルを、2001年12月8日から販売すると発表した。

■バリエーションの充実

「ヴィータ」2002年モデル最大の特徴は、バリエーションが2種類から5種類へ増えたこと。従来までの「1.4リッター(90ps/6000rpm、12.8kgm/4000rpm)+4段AT」の5ドア「GLS」と3ドア「Swing」に加えて、1.2リッターユニット(75ps/5600rpm、11.2kgm/4000rpm)とオートマチックモードの付いたクラッチレス5段MT「イージートロニック」搭載の「Sport」(写真)、「GLS」にタッチパネル式のDVDカーナビゲーションなどを奢った「GLS-Navi」、1.8リッター「エコテック」エンジン(125ps/6000rpm、16.8kgm/4600rpm)と5段MTを載せる最上級スポーツグレード「GSi」が新たにラインナップされた。

装備面での変更は、側面衝突時に前後席の乗員の頭部を保護する「カーテンシールドエアバッグ」や、フルオートエアコン、防眩グラデーション付き熱反射ガラスを全車に標準装備したのが新しい。

価格は以下のとおり。従来からの「GLS」「Swing」は据え置き。またチルトアップ機構付きの電動ガラスサンルーフは、8.0万円でオプション設定される。

Sport(5ドア/右ハンドル/イージートロニック)169.0万円
Swing(3ドア/右ハンドル/4段AT)173.0万円
GLS(5ドア/左右ハンドル/4段AT)187.0万円
GLS-Navi(5ドア/左右ハンドル/4段AT)207.0万円
GSi(5ドア/右ハンドル/5段MT)209.0万円

(webCG 有吉)

 
「オペル・ヴィータ」、2002年モデルは5種類にの画像

関連キーワード:
ヴィータ, オペル, 自動車ニュース

オペル ヴィータ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • これはブランド化するクロカンへのアンチテーゼだ! 新型「ディフェンダー」を見たwebCG編集部員のひとり言 2019.11.18 デイリーコラム 新型「ランドローバー・ディフェンダー」は意外と安い!? 従来モデルや「メルセデス・ベンツGクラス」との比較を通し、webCGきってのヨンク好き(ただし運転はうまくない)が、クロカン界における新しいディフェンダーの“役どころ”を探った。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
ホームへ戻る