日産「サニー」マイナーチェンジ

2002.05.15 自動車ニュース

日産「サニー」マイナーチェンジ

日産自動車は、「サニー」の内外装やエンジンにマイナーチェンジを施し、2002年5月13日に販売を開始した。

内外装の変更やエンジンの出力向上などが主な内容。エクステリアは、フロントグリルと前後バンパーを新形状とし、スタイリッシュさの向上を図った。インテリアは、内装色をブラウンから、より明るい「カフェラテ」色とした。シート表皮は、上級グレード「スーパーサルーン」がスウェード調、「EXサルーン」が模様入りのトリコット、ベーシックグレードの「FE」は、無地のトリコット(グレー内装のみ)となった。

さらに安全装備として、追突時にヘッドレストを前方に移動させて頭部を支え、むち打ち症などを軽減する「アクティブヘッドレスト」を全車に標準装備したのも新しい。

エンジンは、1.8リッター直噴と2.2リッターディーゼルがなくなり、1.5リッターと1.3リッターの2種類に集約された。どちらもトルクと出力が増大され、1.5リッターは、4psと0.8kgm増えて、109ps/6000rpmと14.6kmg/4000rpm。1.3リッターは3psと0.7kgmアップの、90ps/6000rpmと12.2kmg/4400rpmとなった。
加えて、触媒システムの変更などにより、1.5リッター+2WD車が、平成12年度基準排出ガス75%低減レベルを達成、「超−低排出ガス車」に認定された。1.5リッターの4WD車と1.3リッターの全車は、平成12年度基準排出ガス25%低減レベルの「良−低排出ガス車」に認定された。

価格は、全モデル、2.0万円前後値下げされた。

・1.3リッター
「FE」
2WD/5MT:116.9万円
2WD/4AT:121.9万円
・1.5リッター
「FE」
2WD/5MT:124.2万円
2WD/4AT:129.2万円
4WD/5MT:151.7万円
「EXサルーン」
2WD/5MT:129.3万円
2WD/4AT:134.3万円
4WD/5MT:151.7万円
4WD/4AT:156.7万円
「スーパーサルーン」
2WD/5MT:147.8万円
2WD/4AT:152.8万円
4WD/4AT:174.9万円

(webCG オオサワ)

 
日産「サニー」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
サニー, 日産, 自動車ニュース

日産 サニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 1972年式日産サニー1200クーペGX-5 特殊ツーリングカー(TS)仕様 2018.5.29 画像・写真 名車再生クラブがレストアを発表した1972年式の「日産サニー1200クーペGX-5 特殊ツーリングカー(TS)仕様」。レース用のオプションが満載された、当時の日産のモータースポーツ&販促活動の様子を今日に伝える貴重な1台を、写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • 大規模マイナーチェンジで復権なるか!?
    「日産スカイライン」の苦悩、そして前途
    2019.7.17 デイリーコラム 2019年7月16日に発表された「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。手放し運転が可能な運転支援システム「プロパイロット2.0」や新たなパワーユニットを搭載するなど、その改良内容は意欲的だが、長きにわたる販売面での低迷を反転させることはできるのだろうか。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
ホームへ戻る